SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
説教宿
0

     12月も半ば。雪が降ったり、やんだりで、

    道路わきには、いたるところに雪山ができている。

    所用で札幌へ。

    行きはJR、帰りは高速バスで帰ってくると、

    小樽築港あたりから、猛烈に雪山ができている。

    まるで、違う国に来たみたいだ。

    札幌では雪が少なく、人々は軽快に歩いているのに、

    小樽の国道沿いでは、雪山の陰の谷間を、人々がとぼとぼ歩いている。

    小樽は常に札幌の1・5倍くらいの雪がある。

    たま〜に札幌に大雪が降ったというニュースをテレビで見て、

    小樽のほうが少ないと、スカっとする。

    「札幌の人よ、ちょっとは苦労してみなさいよ」と。

     

     こんな時期に、東京からひとり旅の男性がやってきた。

    年のころは40代前半か。

    なんでももう1か月も前に家を出て、東北の方から

    ず〜っと旅をしてきたという。

    知らない土地で人恋しさもあるのか、

    なんだかんだと話していたが、

    すぐに寝たようだった。

    翌朝、彼は息子に、この1か月の旅の話をしていたが、

    チェックアウトの時間の少し前に、私は、この人が

    こんなに長い旅ができるのはどうしてなのか、

    ふと疑問に思い、訪ねてみた。

    「ゆっくり旅ができていいですね。

    こんなにお休みが取れるというのは、

    どんなお仕事をしていらっしゃるのですか」と私。

    するとその男性は、ちょっと口ごもって、

    「実はわけがありまして…。2年ぐらい前に、脳梗塞で倒れたんです。

    奇跡的に回復したんですが、この1年、保養地でリハビリしていまして、

    今は、旅行できるぐらいまでになったんです」という。

    きけば、彼は独身で仕事に熱中し、いつも寝るのは夜中の1時〜3時。

    朝は6時に起きる。

    食事はすべて外食で、「パスタが好きで、けっこうそればっかり食べていました」

    「野菜は?」とすかさず聞くと、

    外の食事に付いてくるものだけ。

    家では一切調理せず、「包丁はないですから」と。

    「果物は?」とさらに突っ込むと、「食べません、めんどくさいから」

    これで20数年過ごしたという。

     

    「そういえば兆候がありました。倒れる2日ほど前、地面が揺れて

    目が回るような感じがしました。次の日は、バスから降りると

    立っていられないくらいフラフラした。ものが二重に見えるような…」

    それでも、しばらく休むとおさまったので、病院へは行かなかった。

    「3日目に、突然手がしびれ、ふるえて、ものがつかめなくなった。

    やっとのことで、実家の母にスマホで知らせると、

    すぐ救急車を呼びなさい、と言われたんです。

    なんとか救急車を呼んだら、2分で来た。それで病院へいくと、脳梗塞だと

    いわれました。あと30分おそかったら、半身まひか、

    悪くすると、寝たきりになるかもしれなかった、と」

    それでも数か月の闘病を経て、我に返ったようだ。

    1年間のリハビリで、今では、この話を聞かなければわからないほど

    回復している。

    「でも、よかったですね。これからは、健康第一で生活してください。

    野菜は食べなきゃだめですよ。キャベツの千切りだけじゃなく、

    イモ、大根、ニンジン、ゴボウ…根菜類も必要です。

    なんでもバランスよく食べなきゃね。

    それに、睡眠も大事なんですよ。夜中の11時から2時の間、

    寝ることで細胞が修復される。今度仕事をするなら、

    夜は10時に寝られる仕事をさがすべきです」

    「10時は無理だなぁ、せめて11時…」と彼。

    「いや、ありますよ、ぜったい」と私。われながら、

    よくもお客さんに向かって、こんな強引な発言ができるものだ。

     

    「こんなに奇跡的に回復されて、生まれ変わったようなものですね。

    でも、同じ病気でも、そうはならない人もいます。

    これからそういう人のお手本となり、励ますためにも、

    がんばってください。このことを経験したことで、

    今までの何倍も価値ある人生が送れると思いますよ。ゼッタイに。

    きっといい道が見つかるでしょう」

    そういうと、彼はしーんとして、聞き入っていた。

    「どうして宿屋の女将に、こんなこと言われなきゃならないんだろう。

    来るんじゃなかった」と思っているのかもしれない。

    いいんだいいんだ、どう思われてもかまわない。

    「今生、私は、出会った人に、どうしてもいわなきゃならないことがある」

    そんな思いに突き動かされる今日このごろ。

     

    むか〜しテレビのCMで、おじいさんが

    「もっと野菜をとらなきゃいかんよ〜」

    とかいって、笑いを誘っていたことがあったような。

    また、小学校では「はやね、はやおき 元気な子」

    と教わっていた。

     

    今思う。実に深~い命にかかわる格言だ。

     

     

     

     

    | - | 19:49 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    師走の釣り人
    0

      あっという間に12月。
      ​今年は、まだ大雪には見舞われていないが、10僂曚廟僂發辰神磴
      ​解けかけては凍り、その上にまたうっすらと雪が積もったりで、
      もう完全に解けることはないだろう。
      これを根雪という。
      やれやれ、また長~い冬のトンネルに入った。

      ​町の商店街やスーパーでは、早くもクリスマスソングが流れているが、
      心は全く浮き立たない。
      人生にワクワクすることが少なくなったら、
      ​老境に入ったということなのか。
      ただ、1歳のビーグル犬・マルコだけが、
      ​この世のなにもかもが珍しく、
      ​雪道の散歩のとき、あちこちのにおいを嗅ぎまわっている。
      ​凍った道を犬を連れて歩くのは、とっても危ない。
      なにしろ、ふいにものすごい力で引っ張るので、
      ​滑って転ぶ危険はおおいにある。
      ​そこで、雪道の散歩のときは、亡き母が残していった黒いゴム長靴を
      はくことにした。
      靴の底には、金属の針が出た特別の金具がとりつけてあり、
      アスファルトの上を歩くと、ガチャガチャと音がする。
      ​昔は、お年寄りや外で仕事をする人は、
      ​ゴム長靴にこうやって金具を打ち付けたものだった。
      ​靴直しの人に頼んで、金具をつけるのだが、
      今は、そんな仕事をしてくれる店がないし、
      そういう金具もないのではないか。
      ​この靴をはいて、金具の音を聞くと、老いた母の心境がよくわかる。
      ちょっと寂しく悲しい気持ちになるが、
      ​これでマルコを連れて、朝の運河から岸壁へ行った。

      ​すると、岸壁には、この寒空の下、厚着をした釣り人が
      たくさん並んでいた。
      ​今は何が釣れているのか見ていると、
      ​10センチほどの銀色に光る細身の魚が次々とさおにかかってきた。
      チカだ。
      ​マルコを引っ張りながら近づいていくと、
      老夫婦の奥さんが夫に「あんた、犬にも1匹やんなさいよ」
      といっている。
      「だめだ、これはフグだから」と夫がいう。
      よく見ると,釣り糸に食らいついたチカの下に、小さなフグがかかっている。

      夫は、このふぐを、雪の上に投げ捨てている。

      この人の周りには、小さなフグがいっぱい散らばっていた。

      こんなフグにも毒があるんだろうか。

      道を歩きながら、ゴミでも何でも拾って食べるマルコが

      このフグを食べたらアブナイ。

      あわててその場を離れた。

       

      この釣り場には、人がたくさん並んでいると思ったら、

      数日後には、人っ子一人いなくなっている。

      釣り人の,ここに魚がいるという情報は、ものすごく早く

      届くものらしいということを、この目で知った。

       

      この近くに、海に面した色内埠頭公園という、大きい

      風光明媚な公園がある。

      この公園が、9月ごろから封鎖されてしまった。

      息子が毎日犬を散歩させていたのだが、行けなくなってしまった。

      この公園の岸壁に、「海上保安庁の船が泊まっているよ」

      と息子が言った。

      そうだ、北朝鮮がミサイルを発射したころからだ。

      日本海側の重要な港、小樽。

      北朝鮮の動向を知るために、水面下であれこれ対策を練っているに

      違いない。

      本当に、北朝鮮には困ったものだ。

      「やめろ、ジョン・ウォ~ン」マルコが遠吠えしている。

       

       

       

       

       

       




       

      | - | 14:06 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |
      当たり!
      0

        このブログにも、すっかりご無沙汰してしまった。

        Johnさんがかもめやに来てくれたのは、10月半ばだった。

        私が、実家にあった亡き父の上履きをはいてきて、店の玄関に置いてあったら、

        なつかしがってくれた。

        そう、この方は、元小学校の先生だから。

        そのことをコメント欄に書こうと思ったら、

        パソコンの調子が悪くて、何回も消えてしまい、

        なげやりになって、書くのをあきらめてしまった。

         

        この間は、大阪のおばちゃんたちと同じ、貝塚出身

        いまは鎌倉在住の鳩さぶれさんが来て、「Johnさんは元気ですか」

        といっていた。

        相変わらず忙しそうで、帰ってから「友和のパンを買って、

        龍宮神社でお参りし、三角市場でシャコを食べて大満足!」

        というメールが来た。

        本当にこの人は小樽好きだ。

         

        いまの時期は宿泊のお客さんは少ないが、

        それでも、店や自宅を訪ねて来る友人、知人が多く、

        いつも忙しい。

         

        そうこうしているうちに、昨日のドカ雪。

        いっぺんに20〜30兩僂蝓息子は店と自宅の雪かきで

        終日働いている。

         

        一昨日、小学校時代の友人が訪ねて来て、食通の彼女から

        タラのこぶじめと北寄貝のお刺身をいただいた。

        これは珍し、うれし。と、その夜、店のキッチンで

        いつものように立ち食い。なんともおいしい。

        夜おそく来るお客さんを待っている間、おなかがすいて、

        そのあとフランスパンをバリバリ食べた。

        その日は、札幌ドームで嵐のコンサートがあるとか。

        で、若い女性客が来たのは、なんと夜中の1時。

        ああ、悲しや、宿屋業。

         

        翌朝、4時ごろ、なんだかみぞおちのところが痛い。

        横になったり、寝がえりを打ったりしながらやりすごしたが、

        朝、お客さんが帰ったあとも、また痛む。

        週末なので、消化器科の病院をさがして行って、昨夜食べた魚介類のことを言った。

        それをくれた友人に聞いたが、彼女はなんでもないといった。

        「固いフランスパンもいっぱい食べたので、食べすぎかもしれません」

        と医者に告げると、

        「食べすぎなら、病院に来ないでしょう。いつもと違うと思ったから

        来たんじゃないの?」と医師はいう。

        「ん、まぁそうですね」と私。

        「これは、魚の虫かもしれないから、胃カメラで調べてみますか?」

        いやだいやだ、しかし、週末でもあり、これ以上痛くなったら

        困る。

        仕方なしにOKした。

         

        うんうんうなりながらカメラを飲んでいると

        「あ〜っ、むずかしいところにいるなぁ」と医師。

        「やっぱりそうか。だけど、やりながら、そういうこと言わないでよ…」と無言で抗議。

        しばらく苦悶していると、「はい、おわりました」

        ふ〜っ。

        そして、再び診察室にいくとパソコンの画面に、胃の中の様子が

        映し出され、なんと、胃の壁に2〜3センチの白い長い虫が

        うにょうにょと張り付いているではないか。

        「きゃあ〜、すごい!」思わず叫ぶと

        「あまり大きい声、出さないでください」と医師。

         

        すると、看護師さんが、小さい水が入ったびんの中にいる

        虫を持ってきた。「これですよ」

        「きゃぁ…」

        「こんな大きなの、どこにいたんでしょう」と私。

        「タラじゃないかな。これは、食べた人全員に虫が行くんじゃなくて、

        たまたまそこを食べた人に行くんだ。胃の壁に虫が刺さりこんで痛むんです。

        ま、大当たりですな」

         

        「宝くじには当たったことが無いのに、こんなものに当たるなんて、

        悔しい…」

        そうか、サバなどに当たる、というのは、

        アレルギーとか、細菌とかじゃなくて、

        虫なんだ。

        なるほど、「あたる」という言葉の意味がわかった。

        それにしてもこの医師、痛みの原因を一発で当てた。

        これも「大当たり」。

        そろそろ胃カメラを飲んで、胃の検診をうけなくてはならないかな、

        という時期だった。

        「胃のなかはきれいで、がんとかの心配はありません」

        これには、ほっ。

         

        いろんなことがわかった。

        この虫は、アニサキスとかいうのかな。

        「虫の居所が悪い」という言葉もある。

        虫に好かれるのも、考え物だ。

        一番の収穫は、この医者の腕かもしれない。

        みなさま、なまものにはくれぐれもご用心を!

         

        小樽名物手宮線跡 文学館近くの倒れそうな飲み屋街

         

        右は文学館裏

        | - | 10:32 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
        秋深し
        0

          秋も深まり、あちこちの古い建物にからまるツタが紅葉して
          ​町を美しく彩っている。
          ​宿も、忙しさのピークを過ぎたので、
          ​実家に引っ越してきて、なかなか片付けられなかった

          家の荷物を整理していると、亡くなった母のメガネが出てきた。
          ​どうせ度が合わなくて、はっきり見えないんだろうな、と思って
          ​ひょいとかけてみると、なんとクリアに、あたりがはっきりと見える。
          ​自分のメガネよりも、ずっとよく見えるのだ。
          これにはびっくり。
          ​そして、このメガネをかけて、鏡を見ると、
          ​今まで気づかなかった自分の顔のしわまでよく見えた。

          ふ〜ん、母は、このメガネで、こんな見え方でこの家を見ていたんだな。
          ​私にはまだ見えていなかった父と母の生活。そして家。
          2人は亡くなって数年たっているというのに。
          わかっているはずだった両親の暮らしが、まだまだわかっていなかった…。

          インデアンのことわざだったと思うが、「他人のことが知りたかったら、
          その人の靴をはいて歩いてみよ」というのがある。
          そんなことをどこかで読んだことがある。少し違うかもしれないが。
          ​夫婦、親子、兄弟でさえ、人のことは本当にはわからない
          ということだろう。
          そう、なんでも簡単に「わかったわかった」などというもんじゃないなぁ

          と思った。

           

          そんな思いで、遠くから小樽にやってきたうちのお客さんの目線で、

          久しぶりに紅葉の町を歩いてみた。

          小樽の住人から、町のツタの紅葉がきれいだ、という言葉は、

          いままで生きていて、一度も聞いたことがない。

          こんなにきれいなのに、みんな当たり前の景色だと思って

          いるのかな。

           

          もったいない。

          美しいものを美しいと感じる、そのことだけでも

          十分幸せなのになぁ。

          そう考えると、身の回りには、タダで自分を幸せにしてくれることが

          たくさんある。

           

          手宮線跡の文学館前にわけのわからんアートのような店がある

          散歩中に一休み、マルコ

          かもめや近くのジャズ喫茶

          錦の塀

          毎年美しい紅葉のツタが見られる

           

          観光の堺町通りの店を彩るツタ

           

           

           








           

           

          | - | 14:51 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
          白樺林のドッグラン
          0

            夏の忙しさは峠を越した。
            ​よくぞこの時期を乗り越えたと、我が身をほめたくなる。


            ​ 香川県から、もう何回も来てくれている年配のご夫婦が
            ​今年も来てくれ、小樽を堪能していた。

            白樺林を見たいといって、小樽公園の隣のグランド近くにある

            林を歩いていた。

            ここへ行くのは、小樽通でも上級者で、なかなか趣味がいい。


            数年前にご主人が、ここから近い地獄坂のあたりで、

            昔、石原裕次郎が住んでいたという家を探していて、

            なかなか見つからないので、

            ​「どこですか」と聞かれ、答えられなかったのだが、その時から
            私も、それまでほとんど関心がなかった裕次郎兄弟の小樽での暮らしに
            ​興味を持つようになった。
            ​兄の慎太郎の小説「弟」を初めて読み、
            ​そのころの小樽の様子を深く知ることになる。
            ​その小説の描写をたよりに、時折、地獄坂近くの彼らの家が

            あったらしい場所を歩いてみた。
            「う〜ん、だいたいここら辺かな」というところまで
            ​こぎつけたが、今は空き地になっていて、
            確たる証拠はつかめていない。

            ​ すると、またこの秋の始め、小樽出身で今は東京在住の

            年配の女性がわが宿に泊まりに来た。
            ​小樽の高校の同期会に出席するためだという。
            ​その人は、子供の頃、地獄坂にほど近いところに住んでいて、
            ​小学校に通うのに、いつも友達を迎えに行く道に、裕次郎の家があったといった。
            「ステンドグラスの窓のある、素敵な家でしたよ」と。

            「えーっ、裕次郎の家を見たことがある人に会ったのは、初めて」と私。

            話をしているうちに、彼女の高校は、このブログに時々コメントをくれる

            koishi3さんと同じだということがわかった。

            そして、年代を聞くと、なんと、これまたkoishi3さんと同じ。

            で、2度びっくり。

            彼のことを知っているか聞くと、「う〜ん、クラスが違うので、わかりません」という。

            残念! そう、この年代は団塊の世代でも一番人数が多く、

            同じ学校でも知らない人がいるはずだ。

            それにしても、とっても素敵な彼女。

            高校時代は男子が多い学校のマドンナだったに違いない。

             

            宿の仕事も一息ついたので、

            マルコを、郊外の望洋台にあるドッグランに連れて行った。

            ここへ行くのは初めてだ。

            広いパークゴルフ場の隣、白樺林のはずれに、

            これまた広い広いグリーンが広がる。

             

            マルコを放すと、いつもおこられてばかりいるので、

            彼ははじめ「いいのかな?」という顔をしていたが、

            ボールを投げると、全速力で追いかけた。

            狩猟犬だけあって、その走りは、わが犬ながら、

            なかなかシャープでかっこいい。

            秋の日差しの中、緑の中を駆ける犬を見ていると、

            心がなごみ癒される。

            こんないいところが、小樽にあったのだ。

             

            運河の向こうに日本郵船の建物が見える。空には虹が…

            北運河の石畳に、ハマナスの赤い実が映える

            白樺の向こうにはパークゴルフ場が広がって

            | - | 10:06 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |