SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
今も昔も船見坂
0

    北国の春には珍しく、急にあったかくなった。

    かもめやの前だけは、まだ根雪が氷になったものが

    厚い板のようになって残っていたが、

    息子がスコップで割って、ようやくアスファルトの地面を出した。

    この氷割りは、北海道の雪解け時期の風物詩だ。

     

    この時期、犬の散歩はちょっと厄介なことが起こる。

    雪が解けた後、道路には、歩きながら通行人が雪の中に捨てたと思われる

    ゴミがいっぱい落ちているのだ。

    小さいころから、道路に落ちているものは何でも食べてしまうマルコ

    は、そんなゴミをくわえるのに忙しい。

    こちらは、それを拾わせないようにするのが大変だ。

     

    最近は、雪が解けたあとの運河べりに、

    ろうそくのかけらがいっぱい落ちている。

    「雪明かりの路」のイベントで、雪の中にたくさんのろうそくをともしたのだが、

    そのろうの解けて残ったものが、残り雪に混じって落ちている。

    人間には、雪にしか見えないが、犬にはわかるらしく、

    マルコはそれを拾って食べている。

    いくら「だめ!」といっても食べるのをやめないので、

    本当に困る。

     

    それでも、少し歩きやすくなったので、久しぶりに

    船見坂を登ってみた。

    いつもは運河沿いの比較的平らな道をあるいているマルコが、

    この急な坂道を、よいしょよいしょと登っていく姿が

    おもしろい。

    犬の体形まで変わるのだから、この坂がどんなに急なのかわかる。

     

    坂の上には、富岡ニュータウンという新しい住宅地が広がり、

    すてきな家がたくさん並んでいる。

    洋風の家々を見ると、小樽じゃない感じがする。

    時代が変わったんだなぁと、つくづく思う。

    坂の上からは海が見え、「ほう〜っ」と息をつきたくなる。

    この急な坂を走って登って中学校へ通った遠い昔のことが

    よみがえってくる。

    学校帰りにこの坂を下り、海を見ると、

    自分は小樽育ちであることを、心底感じたものだ。

    あれから幾星霜、人生いろいろあったが、

    この風景だけは変らない。

     

    橋の上からすぐ近くの小樽駅につながる線路を眺める。

    中学時代も、線路を見ながら、

    自分の未来はどうなるのか、と漠然と思っていた。

    目の前の勉強に追われていたあのころから

    その後の人生、全力疾走したような気がしたが、

    振り返ってみれば、意外と短いような…

     

    東京の銀座で仕事をしたこともあったが、

    (クラブのママではない…) いま、人生の夕暮れ時を迎え、

    小樽で生きることにおおいに納得している。

    自分こそ、生粋の小樽っ子だと。

     

    港の夕暮れ

    春の港に海上保安庁の船の白がまぶしい

    船見坂。かなり急なのだが、写真で傾斜を写すのはむずかしい

     

     

    船見橋。この左下に小樽駅がある

    船見橋から見える線路

    船見坂近くの龍宮神社。鳥居の手前に神社があり、まっすぐ

    下ってトラックの方向へ行くと海に出る。海が見えている

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:46 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    われも旅するなり
    0

      雪見の旅人が多かった2月。

      ほっと肩の荷を下ろし、私も一瞬の旅に出たいと思い、

      3月、神戸から山陽地方へ向かった。

       

      最近、かもめやに泊まった若い女性のお客さんが、

      宿泊感想ノートにこう書いていった。

      「Wワークの疲れからか、メンタルが弱くなり、職場の人に

      リフレッシュしてきなと言われ、1泊2日の北海道の旅へ。

      この静けさが、なんともたまらんです…」と。

       

      ≪メンタルが弱くなる≫ いい言葉だなぁ。

      本当にわかる。体ではなく、神経の疲れは、ちょっとのことでは

      解消しない。

      そんなとき、本能的に旅に出たくなる。

       

      「幾山河 越えさり行かば寂しさの 終てなむ国ぞ今日も旅ゆく」

       

      若山牧水のこんな歌が心にしみる。

       

      また、牧水にはこんな歌もある。

      「なにゆえに旅に出づるや、なにゆえに旅にいづるや、

      何故に旅に」

       

      心の渇きが、人を旅へと駆り立てるのだろう。

      私も、小学校時代の友人と、そんな思いで旅に出た。

       

      倉敷、尾道、そして広島の厳島神社へ。

      一年中雪のない地方の人は、人生を半分しか経験していないな、

      とも思う。のどかで楽だなぁと。

      暖かな日差しの中を歩いて、歩いて、歩き回り

      日常の重荷を、このときだけ置き去りにしてきた。

      ただただ前へ。

      旅の良さは、このことにある。

       

      倉敷の大原美術館もよかったが、厳島神社の水の中にある

      赤い鳥居が本当に美しく、魂をゆさぶられた。

      美しいものを見ると、疲れた心がよみがえる。

       

      小樽っ子の友達と「そだねー」を連発し、

      そのたびに顔を見合わせて笑った。

      「そだねー」って、なにがおかしいのかな。

      「これをあちこちで言って、北海道をアピールしよう」と

      友達と言い合った。

       

      帰路、千歳空港から小樽へ向かう電車に乗ると、

      まだまだとけずに残った雪が少し汚れて

      沿線に山のように積まれている。

       

      ああ、また日常に戻るのか。

      なぜか人生の歯車を巻き戻したような感じで、

      やれやれ、よかった、という気がしない。

       

      人生は、前に向かって一直線だからいいのであって、

      若いころに戻って、もう一度やり直すものではないな、と

      このとき強く思った。

       

      倉敷の美観地区の街並み

      倉敷の水路

      尾道の高台から見た風景

      厳島神社には野生のシカがいる

       

      ちょうど潮が引いて行ったところ

       

       

      | - | 16:01 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
      3月の吹雪
      0

        本州のどこかで梅が咲いているかもしれないのに、

        小樽は猛吹雪。

        朝はそれほど雪が積っていなかったので、今日は大丈夫かな、

        と思っていたら、お昼近くから雪と風が強くなった。

        今朝はマルコを散歩させていないので、どうしても行かなければ…

        厳重に身支度をして出かけたら、向かい風で雪がで吹き付ける。

        前が見えない。

        寒い!

        しかし、北運河べりを、とにかく進む。

        細い道も雪に埋もれて、なかなか見えない。

        それでも前に進もうとして道からはずれ、

        運河側に転んでしまった。

        しかし、マルコは、私をちゃんといつもの道側に引っ張って行った。

        「マルコ、えらい! わかってるんだね」

        このままだと、運河に落ちてしまうところだった。

        まるで、「八甲田山死の彷徨」だ。

        北海道は、3月になっても、こんなことがある。

         

        話変わって、今どきの中国の若者の話、前回の続きを始めよう。

        少し前のある日、若い中国人の男性が泊まりに来た。

        紺のスーツにコート、黒いビジネスバッグを持っている。

        就職活動の人に人見えた。

        「明日は早いんですか?」と聞いたら、「う〜ん」といって、

        封筒から、日本語で書かれた文書を出して見せた。

        明日の朝、小樽商大へ行くようだ。

        「留学試験なんです。この時間まで、バスで行かなければならない。

        何時に出ればいいのか…」と、考え込んでいる。

        「駅からバスだと15分ぐらいだと思うけど。

        ここからタクシーでも2000円ぐらいかな」と私が言うと

        しばらく考え込んでいたが、どうすればいいのか、

        決められないようだった。

        まじめなおぼっちゃまタイプだ。

         

        そのまま部屋に入ったら、今度はまた中国人の若い女性が来た。

        彼女は、明日は8時ごろ宿を出るという。

        「小樽商大で試験があるので」と。

        「あら、さっきの人と同じだわ。中国の男性が明日試験を受ける

        と言って来ているんだけど、行くのに困っているみたいだから、

        紹介しますね」といって、先ほどの男性を呼んだ。

        彼は、同郷のお仲間が来たので、すごく喜んで、

        急に元気になり、中国語が飛び交った。

        彼は、日本に来たのが昨年の秋、彼女は2年半ほど日本にいるとのことで、

        言葉も習慣もかなりわかっている。

        その後、2人はその後「一緒に食事に行ってきます」といって出かけた。

         

        翌朝、彼女が先に支度をして出てきたが、彼はなかなか出てこない。

        あんなに遅れるのを心配していたのに、

        彼女が一緒だと思うと、すっかり安心して、寝坊したのかな、

        と思った。ややしばらくして、彼が出てきたが、

        身支度はまだ。

        なんと、ネクタイが結べなくて、出かけられないんだと。

        「あら、早く行かないと、送れるわよ」と私。

        まだもたもたしている。

        すると、息子が、「ちょっと貸してみて」と彼のネクタイを

        首から抜き取り、自分の首に巻いた。

        息子もネクタイ生活をしていないので、素早くはできないが、

        それでもなんとか締めて、それをゆるめてわっかにし、

        彼の頭からかぶせて、首までおろした。

        「そのままで、少し絞ると締まるよ」といった。

        あら、意外な方法を考えるのね、と、私は内心思う。

         

        そうして、2人はニコニコしながら、あわてて出て行った。

        ネクタイするより、遅れないで行く方が先だと思うんだけど…

         

        中国人の一人っ子政策で、親に大事にされて、留学までしている。

        こんな若者がうちにも次々とやってくる。

        お育ちもよく、しっかりした人が多い。

         

        翌日は、美人の中国女子留学生。

        東北大学の大学院で経済学を学んだそうだ。

        論文を出したので、解放されて旅に出たという。

        論文が通れば、国に帰るんだそう。

        本当にきれいな人で、北朝鮮なら、美女応援団にすぐに入れそうだ。

        日本語もでき、頭もよく、才色兼備。

        彼女は、マルコが気に入り、喜んでなでたり遊んだりしていた。

        私が散歩に行くというと、「一緒に行ってもいいですか」

        という。2人と1匹で出かける。

        その日も雪が深かった。

        彼女は雪にまみれながら、マルコと運河の写真を撮り

        感慨深い様子だった。

        帰るとき、「もっといたかった。また来たい」といった。

         

        こんなしっかり者の中国の若者が、これからの中国を

        動かしていくんだろうなぁ。

        たくましさと繊細さと。

        爆買いの中国人のイメージとは少し違う感性を

        残していってくれた。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        | - | 14:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        いまどきの中国、若者事情
        0

          「雪まつり」に「雪あかりの路」と、雪を楽しむイベントが

          行われ、町はアジアの人であふれている。

          わが宿も、それなりに忙しく、10日ほど自宅に帰ることが

          できなかった。

          どの人も雪を喜んでいるので、こちらはあまりうれしくないのだが、

          ちょっと見てこようと、夜、手宮線の方まで行ってみた。

          雪のオブジェから漏れるろうそくの明かりが、それはそれは美しく、

          これなら外国から来ても、来たかいがあるだろうなと

          感心した。

          ろうを溶かして、本物の押し花を外側に飾った

          入れ物、ワックスボールというというものを売っている。

          その屋台をのぞいていると、「どこの国からきたんですか?」

          と、店の女の人が言う。

          「どこの国って…地元の者よ」といった。

          「あっすいません、地元ってどこですか?」と。

          「すぐ近くよ、ちょっと視察に来たのよ」とすごんでやったら、

          「あ〜っ、税務署かな、申告しないと…」と若い男の子がいった。

          …んとにもう、私のこと、なに人だと思ったのよ〜。

           

          しかし、店の人がそういうのも仕方ない。

          暗がりの中の人ごみに、中国語がとびかっているのだから。

           

          宿のほうにも、このところ、中国の若者が毎日のように

          泊まりに来る。

          うちに来るのは、ほとんどが日本に留学している大学生だ。

          だから、日本語ができるし、日本のマナーもだいたいわかっている。

          しかも、かなり優秀な人たちばかりなので、安心できる。

           

          この間も、夜遅くチェックインするお客さんを待っていたら、

          泊り客の中国人女子留学生が、スーパー銭湯の「湯の花」から帰ってきた。

          高島方面の銭湯へ行くのに、ひとりでスマホをたよりに

          バスに乗って行ったのだ。

          「あら、おかえりなさい、大丈夫?行けたの?」というと、

          「はい、行ってきました」という。

          そして、私が、10時ごろにくるというお客さんを待っていると

          いうと、「それは、たいへんですね、8時まで、とかに

          すればいいのに」という。

          まぁ、いいこといってくれるわね。

          でも、それができないのが、宿屋の悲しさ…

          そして、「そのお客さんが来るまで、ここにいてもいいですか?」

          と。「ん、まぁ、いいわよ」

          だけど、何を話すの。

           

          すると、彼女は、「私はちょっと、その、心が病気なんです」という。

          「え〜、そうなの、それでも、日本に一人で留学してるじゃない」と私。

          「人と話すのがこわくて、学校でもあまり友達と話さないんです」

          彼女は中国の大学を卒業して、岐阜の大学にいるそうだ。

          「ボーイフレンドはいないの?」と聞くと、

          「男子学生とは、1年間で15分ぐらいしか話していません」というので、

          笑ってしまった。

          「あなた、そんなこと言ってるけど、私とこんなに話してるじゃない」

          というと、彼女は、自分の身の上を話し始めた。

           

          「私は、小学校に入るまで、おばあちゃんに育てられた。

          小学校は両親と暮らしたけど、中学、高校は学校の寮で生活してた」

          「そうか、一人っ子なのに、親と一緒に生活してないのね」

          「お父さんは、ボールペンやノートを売る会社をやっていて、

          1か月に2回ぐらいしか帰ってこないし。お母さんは

          町で一番頭がよくて、会社で会計士の仕事をしていた。

          今は、麻雀ばっかりやって、すごく強いんだけど、

          負けると、そうねぇ、日本のお金で10万円くらい…そうすると

          私に当たってくるの。私は1人で部屋に閉じこもって

          じっとしてる」

          うん、まぁ、なかなか大変な家庭状況だ。

          「私は寂しい…。おばあちゃんはやさしかった」

          「あなた、なんにも病気じゃないでしょう、私にこうして

          話せるんだから」

          彼女は、私の方を見て「おばあちゃんみたいだから」という。

          うん、たしかに。

          そして、今は、日本のあちこちを一人で旅してるといった。

           

          「あなた、お金持ちなのね、そんなにどこへでも行けるんだから」

          というと、「はい、お金はあります。親がたくさん送ってくれるので。

          食事は作ったことがない。全部外食です。これでは、結婚しても

          普通の家庭が作れるのか、自信がない」そうよね。

          いや〜、金持ちの中国人の子供の孤独か。

          なんだか、今の急激な経済成長の途中にある中国のひずみが、

          子供の心に影を落としているような…

           

          そして、いまの大学をいまの出たら、

          中国でスィーツの店をやりたい、といった。

          「チーズケーキとか抹茶ケーキが中国では人気なんだけど、

          とっても高い。もっとみんなが普通に食べられるように」

          と、女の子らしいことを言った。そして、

          会社に勤めなければ、あまり人と話さなくてもいいから、と。

          そうかなぁ。

           

          翌朝、彼女は、昨日涙ぐんでいた子とは思えないほど、

          明るく元気に帰って行った。

          それにしても、彼女はけっこうたくましい。

          スマホを見て、ひとりでどこへでも行くんだから。

          大学では地理を勉強した、物理も好きだといった。

          頭いい、しっかりしてるじゃないの。

          こういう中国の若者が、うちの宿によく来る。

          次の話はまたあとで。

           

          雪あかりの路の会場。写真がへたなので、暗闇ばっかり写っている

           

           

           

          雪夜の町もまたきれいだ

          | - | 11:54 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
          ニシン来たかと…♪
          0

             寒さに身を縮めながら、じっとこらえて日を過ごす2月。

            札幌では雪まつりが開かれ、小樽も今日から「雪あかりの路」の

            イベントが始まる。

            雪に埋もれるこの季節、北国の住人は、おまつりなんて気分には

            とってもなれないが、だれかが気分を盛り上げてくれることで、

            ようやくこの季節をしのぐことができる。

             

             いつものように決死の覚悟で、雪が積もって道がなくなった運河ぞいを

            犬を連れて歩いていると、魚のセリ市が行われる漁協の前の

            運河べりで、マルコがしきりに雪の中に鼻を突っ込んでいる。

            と、彼は棒切れのようなものを探し当てて、がぶっとくわえた。

            「あれっ、ニシンじゃない。よく見つけたねえ」と私。

            マルコは、雪の中に落ちて自然冷凍されていたニシンを

            横一文字にくわえると、よいしょ、よいしょと

            しっかりした足取りで歩き始めた。

            漁協のそばで拾ったカチカチのニシン。

            ちょっと前まではナマだったんだろう。

            いかにも小樽らしい光景に、私は感動した。

             

            この分だと、店までくわえて帰るのでは?

            息子に見せたら喜ぶだろう。

            「マルコ、落とさないでね」

            と声をかけていたが、くわえたニシンがまんなかの口のあたりで

            とけてきたらしく、左右が垂れ下がってきた。

            そしてほどなく魚が折れてしまった。

            マルコは、がまんできずに、半分をむしゃむしゃと

            一気に食べてしまった。

            そして、のこりの半分も、まだ凍っているのに、

            誰かに取られないかと警戒しながら

            がぶがぶっと食べてしまった。

            動物の本性丸出しだ。

             

            あっけに取られている私をしり目に、マルコはすましている。

            そしてまた家路をトコトコ歩き出した。

            店に帰って息子に今見た光景を話し、「今日はニシン1匹食べたから、

            マルコのごはんは少なくしてね」と。

            考えてみれば、マルコの体に対してニシン1匹は、

            人間が鮭1匹1食べたのと同じくらいだ。

            もう1日何も食べなくてもいいくらいだ。

             

            今、北海道はニシンの最盛期。

            小樽でもとれていて、スーパーの魚売り場には、

            銀色に光るニシンがたくさん並んでいる。

            昔は浜に大量に押し寄せて、ニシン御殿ができるくらい

            町の経済は潤ったのだが、

            今は岸壁に行っても、この魚の姿は見られない。

            それでも、ニシンがとれるようになると、

            春はもうすぐだ、という淡い希望のようなものを感じる。

             

            先日、隣町の塩谷の漁師さんからニシンをもらった。

            おなかには、カズノコがぎっしり。

            ニシンは、実は水分が多くて、そんなにおいしい魚ではないのだが、

            私はいつも塩を振って少し干してから焼く。

            この間は、うろこをとって、3枚におろして塩を振り、

            しばらく置いてから、昆布を入れた甘酢に漬けてみた。

            2日ほどすると、しめさばよりもっとまろやかで、とってもおいしい。

            玉ねぎのスライスの上にのせて、ドレッシングやわさび醤油で食べると

            オツな味。フランス料理かとも思う。

            魚をさばくのは大変だが、これをやっていると、

            自分が小樽っ子であることをしみじみ自覚して、

            アイデンティティーを感じる。

             

             

             

             

             

             

             

            | - | 08:01 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |