SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 新天皇は庶民的? | main | さらば平成 >>
歌詠みの出会い
0

    本州では桜も散ってしまったというのに、小樽の春は行きつ戻りつ、

    花の季節には、まだしばらくある。

    それでも、あちこちの枯れ草の中にふきのとうが顔を出し、

    白や紫の可憐なクロッカスが咲き始めた。

     

    こんな時期、大阪から歌詠みの旅人、Johnさんがやってきた。

    いつものように、釧路の古本屋さんのところへ行き、

    美瑛のなじみのペンションに数日泊まり、

    帰りにかもめやに滞在するという、恒例のパターンである。

    だいぶお疲れのようで、不眠症というこの人も、

    初日はぐっすり休んだようだ。

     

    今回は、かもめや宿泊に、オプションがついている。

    というのは、以前私が道新のコラム「朝の食卓」で

    「人を求めて」という文章の中に、

    こんなことを書いた。

     

    ─ 宿をやっていて気づいたのは、暮らしに不足がなくても

    心の飢餓に駆られ、それを埋めてくれる人を捜して

    旅に出る人がいることだ。…中略…

    (そこでJohnさんのことも紹介し)

    その人は、こんな歌を残していった。

    「世の中に、自分と合う人片手もおらず

    会うためならば、遠くても行く」 ─

     

    これを読んだ読者の女性から絵手紙がきた。

    華やかな絵に、ご自分の詠んだ歌も載せて、

    自分もこの人と同じ気持ちだ、といった。

    自分を理解してくれる人は少ない。そういう人がいたら、

    遠くても会いに行きたい、と。

    彼女は小樽から20分ぐらいのところの手稲に住んでいて、

    お年は90歳に近かった。

    以前にも、この「かもめや日記」に書いたことがあるが、

    新聞のコラムを読んで、かもめやに来てくれたことがある。

    宝塚の男役のスターみたいな、素敵な人である。

    それ以来、なにかと私のことを励ましてくれ、最近は、

    「歌詠みの旅人が来たら、お話ししてみたい」といっていた。

     

    そこで、今回、Johnさんの歌を書いたものを

    ファックスで流して、彼の到来を知らせた。

     

    街なかに わずかに残る雪の山

    汚れし跡は 寒さの芯か

     

    逢える時 逃せば時々押し寄せる

    後悔の波 いくどか経験

     

    初めての 人と言葉を交わす時

    心のとびら 少し開けつつ

     

    友だちと 止めどなく喋る奥さんの

    隣に座る 地蔵の旦那

     

    まだまだあるが、こんな歌を送ったら

    すぐに美しい筆文字の手紙が流れてきた。

     

    軒先の 垂氷ほそまり 日脚伸ぶ

    予期せぬ逢いあり イラン・カラプテ    

                           (アイヌ語で、よろしく、との意)

     

    又吾を すこやかなれと君は言う

    吾のみの知る 黄昏のビギン

     

      そして、「お会いできなくても、乙女のように

    ドキドキしてしまいました」と書いてある。

     

    そのあと、2人は電話で話した。

     

    またJohnさん 返歌を送る。

     

    長き旅、釧路・美瑛と廻り来て

    小樽にて歌はじめて浮かぶ

     

    齢90の媼居て 歌つくる

    その心意気 わたしも燃える

     

    哀しみは 水天宮の海の色

    かもめとなりて 還らぬ人よ

     

    何故ここにいるのか 小樽さむいんだ

    風を逃れる場所をさがして

     

    また彼女からの歌。

     

    地蔵様のお歌がありましたので…

     

    一寸の 段差にこけてしまう吾を

    抱きとめくれず「すまぬ」と地蔵

     

    そして、私に、「思いがけない機会をありがとうございました。

    このままお会いせぬまま、あの世に行くかも、と心残りでした」

    との言葉も添えてある。

     

    Johnさん返歌。

     

    窓の外 手稲の山の空高く

    舞い飛ぶ鳥に 心を乗せて

     

    いや〜 なかなかやるじゃないですか。

    5日間の滞在中、お二人の粋でみやびなやりとりを

    固唾をのんで楽しませてもらった。

     

    なんと、帰りの千歳空港までの途中で、二人は会うことになった。

    私は、そのやりとりとの仲立ちをすることに…。

     

    「Johnさん、よかったわね、これ、映画になりそうじゃない?

    おかみ役は樹木希林で…」そんな私の思いつきに、

    「希林さん、もう死んでますわ」と大阪弁が返ってきた。

     

    枯れ草の芝生が出た埠頭公園

    埠頭公園から天狗山を臨む

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 06:00 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
    TV「プレバト」の夏井先生の話を聞いていると、俳句には決まりやら定石があり、勉強してる人とそうでない人とではかなりな差が出て、難しいもんだなあと感じていたけど、和歌は思った事、感じた事、相手への想いを自由に書けばよいのだという事を今回のお題で良く分かりました。万葉集ブームも始まりそうだし、俳句から和歌への流れになりそうですね。
    確かに今回の一件は映画になりそうですが、私のキャスティングは、歌詠みの二人は、八千草薫と五木寛之。宿の女将は倍賞千恵子、あたりではないでしょうか。

    | koishi3 | 2019/04/17 3:34 PM |

    さて、私はその歌人と会えたのでしょうか?
    続きを、おかみさんは書くかな?

    その歌人は、短歌の勉強をした正統派ですけれど、私は現代詩から入ったチンピラ歌人ですから啄木系だと思っています。でも、お互いに惹かれるものがあるのですよね。
    ですから、皆さんも作ってください。
    五七五七七の最初の五が浮かべば、できますよ。

    うまい下手はともかく、作ることだと思います。私は、数を作ってその中から選びます。
    | John 1940 | 2019/04/17 8:11 PM |

    「かもめや」さんは詠作道場になりましたか!
    人の縁とはいよいよ深いものですなあ。
    | takarinnta | 2019/04/17 10:34 PM |

    歌詠みの話が浮上してくるのは、takarinn さんが、病後の立ち直りとともに、猛烈に歌を作り始めたことが原因だ。私にそのエネルギーがきて、かもめやに歌の磁場がひろがったのである。そうすると、不思議だが、いったん私の中をあるエネルギーが通過すると、それに関連したことが起こる。こういう現象は、近年私の周りに時々起こるのだが、そのメカニズムは、takarinn さんのみぞ知る。

    それにれにしても、映画のキャスティングが面白いですね.
    koishi3さん、八千草薫や倍賞千恵子が出てくるのは、懐かしい時代を感じさせますね。Johnさん、五木寛之なんて、ずいぶん株が上がりましたね。やっぱりかもめやに来ると、いいことがあるでしょう。
    | 店主 | 2019/04/18 5:50 AM |

    すみません、
    またまた軒先をお借りしますね。

    帰ってからできた歌です。



    帰る日に見る日本海すきとおり
    吾を見送る波おだやかに

    長旅の〈旅の時間〉が日常に
    じわりじわりと戻り来る日々

    長旅で曜日が消えて大阪も
    消えゆき北の人となる夜

    宿の犬何でも食べて困るほど
    マスクの紐がお尻から出る

    旅もまたいつかは終わるものだから
    メモ・レシートに領収書たまる

    (結局、帰りに手稲で会えました!)

    耳遠く足も弱りし媼だが
    歌作る力うちに秘める

    1時間、会って話しただけなのに
    心に残る濃さにおどろく

    おしゃれして吾を待つ90の媼あり
    歌がつなぐ縁となる

    北国の歌作る知己得てからは
    何やら嬉し春空の下

    ひとときの面会終わり列車待つ
    手稲の駅に春の陽の差す

    北国の日陰の雪も溶けた頃
    草の芽伸びて春の陽まぶし

    北国の春待つ想いの重さを計る
    桜前線北上す



    以上です。
    たくさん、すみませんね。


    | John 1940 | 2019/04/27 7:11 AM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243165