SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 野の花をさがして | main | 遅ればせながらのお墓参り >>
暑さの中で、昼も夜も…
0

    「言うまいと 思えど今日の暑さかな」

    どこかで聞いた句だが、ほんと、言ってもしかたがないけど暑い。

    小樽も数日前、32℃ぐらいになったことがあって、

    さすがに参った。

    というと、本州の人達は、「なに言ってるの、それに10℃たしてみな、

    それがこっちの暑さだよ」といわれるでしょう。

    わかっています。

    その暑さがどれほどのことなのか。

     

    と、北国の短い夏の暑さのことをこの日記に書いて

    一応文章を終えたところで、またしても操作ミス。

    一瞬にして、全部消えてしまった。

    あ〜あ。暑さのせいだけではないなぁ。

    年のせいも…

    パソコンの文章が消えただけならまだしも、

    自分の近々の記憶も消えつつあるとしたら…

     

    人は長年生きて、あまりにも多くのことを覚えていたら、

    頭がパンクしてしまうだろう。

    人間には、本能的に記憶の断捨離機能があるかもしれない。

    あまり忘れることを恐れず、自然にまかせることにしよう。

     

    と、ここまで書いた後、また10日もたってしまった。

    宿の混雑もピークを迎え、少ない体力をやりくりして

    仕事を続けている。

    わが宿には、舞鶴からフェリーで来るお客さんも

    多いのだが、通常は夜の9時過ぎに着く。

     

    この間は台風の影響で、船が遅れて、数日10時半ぐらいになった。

    その時間にお客さんを迎えるので、私も半分眠りながらの対応だ。

    そして、長い待ち時間。

    これがキビシイ。

    その間にしかたなしの読書が進む。

     

    最近は、芥川龍之介の随筆をみつけ、彼のナマの人柄に出会って

    友達になった気分になり、うれしくなった。

    余りにも彼の日常に引き込まれ、夜中に眠れなくなり、

    続きを読んでいたが、翌日はたとわれに返ったら、

    前夜は、彼が大量に睡眠薬を飲んだ日だった。

    翌日、彼は亡くなった。

    35歳だった。

     

    暑い季節に、根を詰めて仕事をすると、

    ふっと、世をはかなむ気持ちになるかもしれない。

    彼も2~3か月だらだらすごしていたら、また元気がわいてくる

    かもしれないのに。

    天才とは、思い詰める人なり。

     

    こんな時期、小樽は手宮線跡で行われるガラス市、

    潮まつり、花火大会など、イベントが目白押し。

    そして、かもめやにも関係者がよく訪れる北大落語研究会の

    OBによる発表会が札幌で行われた。

    私は、例年忙しくて行けないのだが、今年はちょっとだけ

    のぞいた。

    この日のトリは、このかもめや日記によくコメントをくれる

    koishi3さんだったのだ。

    会場でおめにかかったが、残念ながら、噺をきくところまではいられなかった。

    寝床家恋志さんの「一文笛」聞きたかったなぁ。

     

    それでも、ほかの人の噺を聞いて、おもしろいのなんのって。

    あんなに笑ったことはなかった。

    みんな、けっこうなお年になっているが、

    落語は、年を取るほどよくなるものだ。

    若いころにはなかった味が出て、年を取るのもいいなぁと

    思わせられる。

    周りのヒンシュクを買うほど大きな声で笑ったら、

    日頃の疲れ、頭のもやもやがとれて、すっきりした。

    ナチュラルキラー細胞を活性化させるという笑いの効用を

    体感した。

     

    芥川も、落語を聞いて笑って、2~3日遊んだら、

    あんなことにはならなかったのに、と悔やまれる。

     

     手宮線跡のガラス市

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 08:02 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    【落語は人を救う】
    お盆前の8月第1週の土曜日は北大落研OB落語会と決めて毎年開催されている。私は3年ぶりの、というか1年間の長期入院から解放されての復帰第1戦高座でトリを務めさせてもらった。長期入院で人生を達観して、上手い下手に拘ったり、人と競う事はやめにして今出来ることを楽しもうと思う。落語の出来は聞いていただいた人に任せるとして、無事に高座が勤まった事に満足でした。店主様と再会を果たしてこれも大満足。店主の一際大きい笑い声が会場の笑いを引っ張るので演者は大助かりで、店主のゲラ子ぶりが当時の落研マドンナの由縁と大納得しました。「落語は人を救う」というのは後輩の笑生十八番さんの著書ですが、落語は多様性に寛容で、人は業によって生きてもいいよ、というメッセージを常に発しています。与太郎のカミさんは長屋で一番頭が良くて美人なんだよ。という事がわかれば世の中もっと良くなるはずですね。(落語会の模様はYoutubeで「東京苦楽亭 52周年」で検索するとご覧いただけます)
    | koishi3 | 2018/08/14 11:31 AM |

    「言うまいと思えど今日の暑さかな」をネットで調べてみました。
    「言うまいと思えど今日の寒さかな」の変形かと思いました。
    いずれも作者不詳のようです。
    日本文が先か英文が先か判りませんが、次のような英文があります。

    you might or more head today's hot fish.

    you might or more head today's some fish.

    You might think today's some fish.

    You might think but today's hot fish.

    エアコンが故障していることに1時間程前に気がついた。
    京の町魚が焼ける暑さかな

    | 蛍 | 2018/08/14 1:05 PM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243136