SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 3月の吹雪 | main | 今も昔も船見坂 >>
われも旅するなり
0

    雪見の旅人が多かった2月。

    ほっと肩の荷を下ろし、私も一瞬の旅に出たいと思い、

    3月、神戸から山陽地方へ向かった。

     

    最近、かもめやに泊まった若い女性のお客さんが、

    宿泊感想ノートにこう書いていった。

    「Wワークの疲れからか、メンタルが弱くなり、職場の人に

    リフレッシュしてきなと言われ、1泊2日の北海道の旅へ。

    この静けさが、なんともたまらんです…」と。

     

    ≪メンタルが弱くなる≫ いい言葉だなぁ。

    本当にわかる。体ではなく、神経の疲れは、ちょっとのことでは

    解消しない。

    そんなとき、本能的に旅に出たくなる。

     

    「幾山河 越えさり行かば寂しさの 終てなむ国ぞ今日も旅ゆく」

     

    若山牧水のこんな歌が心にしみる。

     

    また、牧水にはこんな歌もある。

    「なにゆえに旅に出づるや、なにゆえに旅にいづるや、

    何故に旅に」

     

    心の渇きが、人を旅へと駆り立てるのだろう。

    私も、小学校時代の友人と、そんな思いで旅に出た。

     

    倉敷、尾道、そして広島の厳島神社へ。

    一年中雪のない地方の人は、人生を半分しか経験していないな、

    とも思う。のどかで楽だなぁと。

    暖かな日差しの中を歩いて、歩いて、歩き回り

    日常の重荷を、このときだけ置き去りにしてきた。

    ただただ前へ。

    旅の良さは、このことにある。

     

    倉敷の大原美術館もよかったが、厳島神社の水の中にある

    赤い鳥居が本当に美しく、魂をゆさぶられた。

    美しいものを見ると、疲れた心がよみがえる。

     

    小樽っ子の友達と「そだねー」を連発し、

    そのたびに顔を見合わせて笑った。

    「そだねー」って、なにがおかしいのかな。

    「これをあちこちで言って、北海道をアピールしよう」と

    友達と言い合った。

     

    帰路、千歳空港から小樽へ向かう電車に乗ると、

    まだまだとけずに残った雪が少し汚れて

    沿線に山のように積まれている。

     

    ああ、また日常に戻るのか。

    なぜか人生の歯車を巻き戻したような感じで、

    やれやれ、よかった、という気がしない。

     

    人生は、前に向かって一直線だからいいのであって、

    若いころに戻って、もう一度やり直すものではないな、と

    このとき強く思った。

     

    倉敷の美観地区の街並み

    倉敷の水路

    尾道の高台から見た風景

    厳島神社には野生のシカがいる

     

    ちょうど潮が引いて行ったところ

     

     

    | - | 16:01 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    【メンタルは吉備路にかぎる】
    普通の日本人は“メンタルが弱る”と北へ向かうものだけど、道産子はここより北へは向かえない。学生の頃カミさんの話を聞いてカミさんの辿った跡を1年後に回った事がある。大林監督の尾道・鷲羽山。大原美術館の倉敷。裏に回って維新の萩・津和野。終点はいだけ家大志の松江・原質店。あまり混んでなくて、良いルートだった。“道産子のメンタルが弱ったら、吉備路に限る!” そだね〜。
    | koishi3 | 2018/03/15 3:53 PM |

    尾道も小樽同様、坂道が多い。民家の間を縫うように細い道が走っている。尾道の写真には千光寺ロープウェイのロープが見える。鼓岩も行ったことでしょう。
    尾道と言えば映画好きには大林宣彦監督ですが、文学好きには林芙美子でしょう。市内にはあちこちに碑がありました。「巷に来れば 憩ひあり 人間みな吾を 慰さめて 煩悩滅除を 歌ふなり」の碑をカメラで撮ったことがありました。
    | 蛍 | 2018/03/15 8:48 PM |

    私も3月10ー11日は尾道にいたんですよ!西日本方面の出張仕事を終えて立ち寄りました。早朝からお寺で坐禅したり、空き家再生に取り組んでいる方々のお話しを伺ったり、大林映画ロケ地を巡ったり、なかなか充実した時間でした。ニアミスしていたかも知れませんね。
    | 鳩さぶれ | 2018/03/18 12:57 AM |

    鳩さぶれさん、以前かもめやに来た時、「尾道はいいよ」といっていましたね。どこだか高いところにいい宿だかカフェだかがあると…。そのときメモしておいたと思ったのですが、それがどこにいったのか…。それと、尾道の観光案内所にいるという女性が、かもめやに泊まりに来たことがあります。彼女が、「尾道に来たら、声をかけてください、いいところをおしえます」といってくれたのに、その人の名前を忘れた…。すべてずさんな性格が、大事なものを取り逃がしているようです。私は鳩さんの3日前に行きました。
    | 店主 | 2018/03/22 8:05 AM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243121