SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 風邪に見舞われ年明ける | main | ニシン来たかと…♪ >>
村上春樹のこと
0

    今年もまた芥川賞、直木賞が発表された。

    ある時期までは、受賞作を必ず読んでいたが、

    ここ数年、受賞作をはじめ、小説はほとんど読まなくなった。

    「事実は小説より奇なり」ということを、実感として感じるからか。

     

    そんな私が、昨年秋、takarinnさんにすすめられて

    ノーベル文学賞を受賞した、カズオ・イシグロの作品「日の名残り」を

    久しぶりに読んでみた。

    その格調の高い表現、内容に、すぐに「この人はノーベル賞だ」

    と直感した。

    長編小説を読むには根気がいったが、この小説には

    付き合うだけの価値がある。

    takarinnさんは、源氏物語の研究家だけあって、

    大変な読書家で、いまもたくさんの小説を読んでいる。

    このカズオ・イシグロの小説は、なんと10年前に読んだという。

    それも、親友のwakoさんの紹介だそう。

    彼女たちの先見の明には驚くが、その筋の推薦のおこぼれにあずかることは

    私にとってもうれしいことだ。

    持つべきものは、よき友。

     

    さて、そんな折、新年早々、日経新聞の文化欄に、村上春樹の顔写真入りの

    原稿が載った。

    彼は、アメリカの作家、レイモンド・チャンドラーの長編

    全7作品の翻訳に、10年がかりで取り組んできたのが、

    このほど訳し終えたというのである。

    村上春樹といえば、ノーベル賞候補に何回も上がったが、

    なかなか取れなくて、ファンをやきもきさせてきた。

    テレビには登場しないし、雑誌や新聞にも絶対に顔を載せない。

    マスコミに顔を出さないのはなぜだろうと、私は思っていた。

    そう簡単に自分を安売りしたくない、つまり

    かっこつけているのかな、と、ず〜っと思ってきた。

    そうまでかたくなに隠れる必要もないだろうに。

    思わせぶりだなぁ、と嫌味にさえ思った。

    しかし、今回新聞に載った写真は、無精ひげもそっていない

    寝起きのような顔である。

    かっこつける人なら、もっといい写真を載せるだろうに、

    どういう心境なのだろう、と考えた。

    はた、と気づいたのは、このチャンドラーの作品を翻訳し終わるのは

    並大抵の努力ではなかったはず。

    「この仕事を終えるまでは、決して人前には出るまい」ぐらいの決心が

    あったのではあるまいか。

    これを訳しながら、ほかの作品も書いているわけだから、

    何足の草鞋をも履いての仕事である。

    よくぞやった!

    私は、彼の心境が、ようやくわかった気がした。

     

    作家を続ける努力は、半端なものではない。

    ましてや、村上春樹ぐらいになると、なおさらだ。

    私は彼の作品をあまり読んではいないので、

    語ることはできないが、軽いタッチで書いていそうにみえても、

    彼の姿勢は、相当にストイックなはずだ。

    だから、ノーベル賞をとれるとか取れないとかは問題でなく、

    自分に打ち勝てるかどうかが一番の問題だろう。

    「ロング・グッドバイ」をはじめとしたチャンドラーの

    ハードボイルド小説を訳す仕事について、

    彼はこう語っている。

    「僕にとってなによりうれしかったのは、この翻訳作業を

    しっかりと隅々まで楽しみながら、やり遂げられたことだ。

    もちろん翻訳自体はずいぶん骨が折れたけれど、それでもそれは

    とても心愉しい,そして意味のある骨の折れ方だった」と回想している。

    実に、作家冥利に尽きる感想だ。

     

    そして、今回の顔写真。

    ようやく人様の前に顔を出す心境になれた。

    大きな仕事を終えた作家の満足な顔だ。

    このひげ面は、誇らしいものである。

    長い間、村上春樹を誤解していた。

    彼は自分に厳しい、ほんとうにストイックな人だ。

    それをかっこつけてる、なんて言っていた私は、

    まだまだ人を見る目がなかった。

    反省すべきは、わが軽さである。

    新春一番の収穫だった。

     

    色内の岸壁から、高島方面を眺める

    ある晴れた日に、対岸から運河公園を臨む

     

    港の埠頭に船が着いている

    夕暮れの運河倉庫

    | - | 14:28 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
    カズオ・イシグロの文学賞受賞が決まったのは昨年の10月。
    takarinnさんにすすめられたのは何時か?
    女将が「日の名残り」を最初に読んだのは何時か?
    ノーベル賞だと直感したのは何時か?
    | 蛍 | 2018/01/18 4:54 PM |

    【小説を読まない人】
    私は小説を読まない人なので今回は参戦の資格無しですが、店主様がハルキストとはちょっと意外でした。
    小学生の時は図書係で図書室の児童文学はほぼ読み尽くし高校を出るまではそれなりに必須文学本は読んでいたのですが、大学では落語本にはまり、社会人になってからはビジネス本、技術系専門書オンリーでトステム創業者の潮田健次郎が幹部に「この本を読みなさい」と指示が出る前に既に読み終わっている事に快感を感じてました。その後、椎名誠にはまり「昭和軽薄体」と言われる文体を今でも使っています。最後に私と同じ年の内田樹のブログを発見し、仏哲学者特有の語彙に感心して「内田語」なるデータファイルを作り、平易な事を難しくいう時に活用しています。(長文失礼しました。)
    | koishi3 | 2018/01/18 9:40 PM |

    私がカズオ.イシグロの「日の名残り」を読んだのは、
    彼がノーベル賞を受賞してからです。だから、「これはノーベル賞だ」と思うのは、当たり前ですが、「えっ、どうしてこれが
    ノーベル賞なの?」と思う作品だってあるかもしれないでしょう。
    いま、これだけの格調ある小説を書ける人はいないのではないか、と思ったからです。私は、村上春樹はそんなに好きじゃないのですが、世間の評価では、第一人者でしょう。今回は、なぜ彼がマスコミに顔を出さないのか、ということに疑問を持っていた、その答えらしきものがわかったような気がした、という話です。これは、わかりにくい話ですね。
    | 店主 | 2018/01/19 7:38 AM |

    【映画が先か、小説が先か】
    女将さん、回答ありがとうございました。
    「日の名残り」は土屋政雄が翻訳しているのですが、英語の苦手な日本人は土屋政雄に感謝しなければいけませんね。土屋が翻訳した「わたしを離さないで」もお薦めです。きっと「これはノーベル賞だ」と直感するはずです。
    私は映画「日の名残り」を見て、原作を読んでみたいと思い、小説「日の名残り」を読みました。もう20年以上前のことです。早く見た、読んだからといって自慢になりませんが。あの頃、日本人にとっては映画「羊たちの沈黙」のハンニバル役のアンソニー・ホプキンスの方がカズオ・イシグロより有名でした。「羊たちの沈黙」も映画が先でした。
    「わたしを離さないで」は小説が先で、映画が後でした。
    映画のことなら、koishi3 の出番ですが、、。
    | 蛍 | 2018/01/19 10:14 AM |

    原則として感動した小説の映画化(ドラマ化)は見ないことにしています。
    しかし、「日の名残り」は禁を犯して見ました。ずいぶん前の話ですね。
    1.エマ・トンプソンは悪くはなかったけれど私のイメージには合っていなかった。(演技と言うより服装とか顔とか表面的なこと)
    2.原作と違っているのは当然と言わねばならないけれど、一つ、許せない違いがあった。(彼女が自分の部屋で泣いていて、それを主人公が部屋の外で察する、しかしそのまま通り過ぎる←原作。その場面、主人公が彼女の部屋に入って少ない会話をする←映画)これは大きな違いです。
    「わたしを離さないで」は、TVドラマも映画もあえて見ておりません。この小説は映像化はしない方が良いと思っています。
    「羊たちの沈黙」には、バッハの「ゴールドベルグ変奏曲」が出てきて、私が最も好きな曲ですので、印象深い作品となりました。これは娯楽作品なので映画も見ました。以上、蛍さんへ。
    女将さん、本はやっぱり良いものですね。村上春樹はフィッツジェラルドなども訳しており、彼自身が英語でも小説を書けるくらいなのではないでしょうか。カズオ・イシグロとの比較で言うと、日本語翻訳へのハンディを差し引いても、村上は少し不利だったのではないか、というのが私見です。
    大急ぎで付け加えるとすれば、村上も真の小説家の一人であることは間違いありません。なぜなら、翻訳は言語を超えたところで小説を楽しむ私達のような者に大きな貢献を果たすからです。小説を書く他に、このような仕事をすることはなんと余裕のあることでしょうか。
    つい長くなりました。ごめんなさい。
    | Wako | 2018/01/19 3:03 PM |

    何年か前、友の薦めで「日の名残り」の映画を観ました。
    とても好きな映画でした。
    小説の映画化だとは知りませんでしたし、カズオ・イシグロという作家も知りませんでした。今回彼が作者だと知って驚きました。今度読もうと思う本がたくさんあるので、いつになるか、でも早いとこ読んでみたい気がします。わたしも本が先だと映画は観ないことのほうが多いです。でも映画が先だと本は読みたくなるような気がします。
    | 野羅 | 2018/01/19 4:31 PM |

    日経新聞の文化欄に掲載の「村上春樹」の記事。この記事を読んだ女将さんの素直な作家感(観)。
    村上春樹が、長編を執筆してなおかつ並行してかどうか分からないが、チャンドラーの全長編を翻訳を終えていた事実を知ったことは、また村上春樹の作家的生き方を見せられたようでした。日経新聞と女将さん、いいなあと思いました。
    | takarinn | 2018/01/21 12:52 PM |

    遅ればせなかまら皆さんの魅力的な書き込みを拝見し、どうしても参加したくなりました。「私を離さないで」は、私の人生で読んだ本ベスト5入りする、素晴らしい本と思っています。(日の名残りよりも好きです。)。映画も素晴らしかったですが、やっぱり原作には勝てません。あ、本題は村上春樹でしたね。失礼しました。
    | 鳩さぶれ | 2018/01/28 1:31 AM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243117