SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 目が回る忙しさ? | main | 村上春樹のこと >>
風邪に見舞われ年明ける
0

    あけましておめでとうございます

     

    新しい年を迎え、1週間が過ぎた。

    今年は思いのほか雪が少なく、ほっとしている。

    お正月は、わが宿も休みにさせてもらった。

    それでも、犬の散歩は休めない。しかたなく雪の運河を歩く。

    冬になると運河にカモがやってくるが、今年も冷たい水の上を

    緑のカモや、茶色の子ガモがすいすい泳いでいる。

    こんな風景を見ると、心が洗われる。

     

    さて、3日目の朝、息子が起きてきて「のどが痛い、

    体中痛くてたまらない。熱も38℃だ」という。

    「あぁ、あの風邪だ。私のがうつったのかなぁ。なおってから

    だいぶたつのに」と私。

    「どこか病院やってないかな」と彼。

    休日当番医をさがして、息子と犬を乗せて長橋の病院へ。

    この犬を一人で留守番させられないのが難点だ。

    何をするかわからないので、どこへいくにも

    車に乗せていかなければならない。

     

    息子が病院へ行っている間、犬を散歩させようと、

    なえぼ公園へ行った。ここは、春は桜、夏は緑、秋は紅葉の

    雑木林が続く、なかなかいいところだ。

    もう雪が深くなって歩けないかと思ったら、

    意外に人が歩いた道がある。

    そこをたどっていくと、ふだんは芝生になっているところが

    雪原になっていていて、そこにも人の歩いたあとがある。

    マルコは細い雪道をどんどん歩いて行く。

    そこから眺める葉の落ちた黒い木々が雪に映えて、何とも美しい。

    近くの雪の割れ目に、小川のせせらぎが聞こえ、

    澄んだ水が流れている。

    思いがけず足を踏み入れた雪の雑木林で、

    美しい光景を目にすることになった。

    ブリューゲルの絵のようだ。

    犬の効用は、人間だけなら普段行かないようなところへ行って、

    自然に親しむ機会が増えることだ。

     

    病院の前に戻ったが、息子が出てくるまで

    ずいぶん待たされた。

    「すごく混んでて、おんなじような風邪の人が多かった」という。

    「インフルエンザじゃないって」

    それはよかった。

     

    わりあい早く息子の症状は落ち着いたが、

    今度は、こともあろうに私が具合が悪くなった。

    また風邪みたいだ。

    これが長引いて、いまだに治っていない。

    一旦治った風邪に、またかかるということがあるんだろうか。

    風邪ぐらい、と思うが、体調が悪くなると

    気分も滅入ってしまい、世も終わり、という感じになる。

    これが一番こたえる。

     

    犬を連れてなえぼの雪原に入ったのがいけなかったかもしれない。

    「年寄りの冷や水」」とはこのことだ。

     

    雪の運河、これでも雪は少ないほうだ

    手宮公園の上にある稲荷神社

    運河の雪山にとまるカモ

    なえぼ公園

     

    | - | 15:13 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
    年が明けて一週間が経ちました。改めて明けましておめでとうございます。本年もあまり頑張りすぎないようにボチボチ精神でいきましょう。
    年末年始の忙しさに忙殺されそろそろ、予習にかからねばと机に向かい、久々にPCを開けブログを拝読していると、女将さんが年末は眩暈、そして年明けは風邪とのこと。心配しています。若さが失われつつある私たちは、所謂病気に対する抵抗力が知らないうちに失われ、そして、罹るとなかなか若い頃のように薬飲んで一晩寝たら治る!と言うことが難しいみたいです。己の若い頃の健康に対する自信を過信しないようにしてください。
    マルコ君は若いし今年の干支ですから張り切りますよね!一緒に駆け回っては経たりますよ。
    | takarinn | 2018/01/08 7:41 PM |

    【故郷の光と音と臭い】
    「かもめや」にリアルに集う皆様とヴァーチャルで出入りする皆様、明けましておめでとうございます。年齢層はかなり高めだと思われますので、今年も呉々もご自愛くださいませ。店主様におかれましては、自分に対する厳しい目と人々に対する暖かい眼差しに満ちた文章(意図的な受け狙いの変換ミスも含め)を、今年もどんどん綴って下さい。
    このブログ、私は「郷愁」というフィルターを掛けて毎回楽しく読んでいます。北緯43度の太陽光は東京よりかなり低いので真昼でも東京よりちょっと長めの影が出来、建物や景観の立体感を高めています。それと、暮らした経験がないと正確には共有できないと思いますが、店主様の文章から小樽固有の音と臭いを感じています。雪原に踏み込む足音、せせらぎの音、運河の臭い、病院とマルコの臭い。
    今年は何とか親父の墓参りに帰りたいなあ。
    | koishi3 | 2018/01/08 8:56 PM |

    女将さん。ブリューゲルの絵って、「雪中の狩人」かな?よくわからない。

    takarinnさん。「経たります」の漢字は間違いですね。
    大阪弁では「へたる」は疲れ果てる、へとへとになるという意味があるようです。全国的に使用されているのでしょうか。
    | 蛍 | 2018/01/08 11:57 PM |

    新年早々校閲氏に一本とられましたなあ!へたるはそのままで変換するつもりなく無意識に「変換」キーを押していたんですね。校正せず送信してしまったようです。へたるは大阪と同じ意味でこちらでも使うことはありますね。
    | takarinn | 2018/01/09 5:15 PM |

    本年もどうぞよろしくお願いいたします。
    年末には、私が罹ったことのある『良性発作性頭位めまい』(蛍さんの診断名とは少し違いますが)になったのですね。
    横に伏せっていても天井がグルグル回る、というのですよね。
    直りましたか? 私の場合は再発はないけれども、軽いめまいはしばしばです。
    風邪の症状は、皆それぞれですが、ご子息さんもインフルエンザでなくて良かったですね。めまいも風邪も、やっぱり過労が大きな原因ではないでしょうか。
    マガモの映像を見て、通勤で毎日通った不忍池を思い出しました。冬は数種のカモがいて、名前をおぼえたものでした。
    こちらは本日、とても温かでした。冬は冬らしいのが良いと思いますが、歳を取ると寒さはこたえます。
    今年は、ほんとうに無理せずゆったりと『かもめや』を開店してください。
    | Wako | 2018/01/10 12:36 AM |

    新しい年が始まりましたね。
    今年もブログ、そして皆様の会話楽しみにしております。
    風邪、大事になさってください。今まで小樽に三度行きましたが、冬に行ったことはありません。こちらも北国なので容易に寒さは想像できますが、歩いてみたい気がします。
    ブリューゲルの冬の絵ナショナルギャラリーで見たたくさんの冬の絵を思い出します。
    あと今頃の季節には子供のころ読んだ「ハンス・ブリンカー」と「愛の一家」という物語を思い出してしまいます。
    | 野羅 | 2018/01/10 7:41 AM |

    新年早々、店主の私が臥せっている間に、皆さんが集まり、自主的に新年会が開かれていることを知り、うれしく思いました。
    今回は鬼のカクラン、弱り目に祟り目で、最後は歯にきました。
    3日ほど歯痛に悩まされ、歯医者さんに行って、全面降伏し、
    しばらくまじめに通うことを約束。ようやく立ち直った感があります。話変わってブリューゲルの絵は、蛍氏のご指摘の通り、
    「雪中の狩人」です。不気味な静けさがあり、印象深い作品です。
    | 店主 | 2018/01/14 9:22 AM |

    とうとう「歯」ですか!飛行機でブーンと飛んできて拙宅で泊りがけの治療をお勧めします。
    | takarinn | 2018/01/15 9:57 AM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243116