SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 秋深し | main | 師走の釣り人 >>
当たり!
0

    このブログにも、すっかりご無沙汰してしまった。

    Johnさんがかもめやに来てくれたのは、10月半ばだった。

    私が、実家にあった亡き父の上履きをはいてきて、店の玄関に置いてあったら、

    なつかしがってくれた。

    そう、この方は、元小学校の先生だから。

    そのことをコメント欄に書こうと思ったら、

    パソコンの調子が悪くて、何回も消えてしまい、

    なげやりになって、書くのをあきらめてしまった。

     

    この間は、大阪のおばちゃんたちと同じ、貝塚出身

    いまは鎌倉在住の鳩さぶれさんが来て、「Johnさんは元気ですか」

    といっていた。

    相変わらず忙しそうで、帰ってから「友和のパンを買って、

    龍宮神社でお参りし、三角市場でシャコを食べて大満足!」

    というメールが来た。

    本当にこの人は小樽好きだ。

     

    いまの時期は宿泊のお客さんは少ないが、

    それでも、店や自宅を訪ねて来る友人、知人が多く、

    いつも忙しい。

     

    そうこうしているうちに、昨日のドカ雪。

    いっぺんに20〜30兩僂蝓息子は店と自宅の雪かきで

    終日働いている。

     

    一昨日、小学校時代の友人が訪ねて来て、食通の彼女から

    タラのこぶじめと北寄貝のお刺身をいただいた。

    これは珍し、うれし。と、その夜、店のキッチンで

    いつものように立ち食い。なんともおいしい。

    夜おそく来るお客さんを待っている間、おなかがすいて、

    そのあとフランスパンをバリバリ食べた。

    その日は、札幌ドームで嵐のコンサートがあるとか。

    で、若い女性客が来たのは、なんと夜中の1時。

    ああ、悲しや、宿屋業。

     

    翌朝、4時ごろ、なんだかみぞおちのところが痛い。

    横になったり、寝がえりを打ったりしながらやりすごしたが、

    朝、お客さんが帰ったあとも、また痛む。

    週末なので、消化器科の病院をさがして行って、昨夜食べた魚介類のことを言った。

    それをくれた友人に聞いたが、彼女はなんでもないといった。

    「固いフランスパンもいっぱい食べたので、食べすぎかもしれません」

    と医者に告げると、

    「食べすぎなら、病院に来ないでしょう。いつもと違うと思ったから

    来たんじゃないの?」と医師はいう。

    「ん、まぁそうですね」と私。

    「これは、魚の虫かもしれないから、胃カメラで調べてみますか?」

    いやだいやだ、しかし、週末でもあり、これ以上痛くなったら

    困る。

    仕方なしにOKした。

     

    うんうんうなりながらカメラを飲んでいると

    「あ〜っ、むずかしいところにいるなぁ」と医師。

    「やっぱりそうか。だけど、やりながら、そういうこと言わないでよ…」と無言で抗議。

    しばらく苦悶していると、「はい、おわりました」

    ふ〜っ。

    そして、再び診察室にいくとパソコンの画面に、胃の中の様子が

    映し出され、なんと、胃の壁に2〜3センチの白い長い虫が

    うにょうにょと張り付いているではないか。

    「きゃあ〜、すごい!」思わず叫ぶと

    「あまり大きい声、出さないでください」と医師。

     

    すると、看護師さんが、小さい水が入ったびんの中にいる

    虫を持ってきた。「これですよ」

    「きゃぁ…」

    「こんな大きなの、どこにいたんでしょう」と私。

    「タラじゃないかな。これは、食べた人全員に虫が行くんじゃなくて、

    たまたまそこを食べた人に行くんだ。胃の壁に虫が刺さりこんで痛むんです。

    ま、大当たりですな」

     

    「宝くじには当たったことが無いのに、こんなものに当たるなんて、

    悔しい…」

    そうか、サバなどに当たる、というのは、

    アレルギーとか、細菌とかじゃなくて、

    虫なんだ。

    なるほど、「あたる」という言葉の意味がわかった。

    それにしてもこの医師、痛みの原因を一発で当てた。

    これも「大当たり」。

    そろそろ胃カメラを飲んで、胃の検診をうけなくてはならないかな、

    という時期だった。

    「胃のなかはきれいで、がんとかの心配はありません」

    これには、ほっ。

     

    いろんなことがわかった。

    この虫は、アニサキスとかいうのかな。

    「虫の居所が悪い」という言葉もある。

    虫に好かれるのも、考え物だ。

    一番の収穫は、この医者の腕かもしれない。

    みなさま、なまものにはくれぐれもご用心を!

     

    小樽名物手宮線跡 文学館近くの倒れそうな飲み屋街

     

    右は文学館裏

    | - | 10:32 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
    胃の痛みの程度がブログでは想像できません。長い日記となっていますが、うれしそうに報告出来て良かったですね。
    「鱈の昆布締め アニサキス」で検索すると色々でてきました。アニサキスは昆布締めでは死なないようです。
    ところで、「三角市場で車庫を食べて大満足」の「車庫」は鳩さぶれさんのメール文章そのままですか?

    「アニサキス 知らずに食し 大当たり 鱈と宝じゃ 一字の違い」
    | 蛍 | 2017/11/20 6:53 PM |

    今年の冬はドカ雪でスタートですか。先月まで鮮やかな秋色を見せていた街が一気に冬景色になりましたね。毎回、小樽の写真を楽しみに見てますが、季節の移ろいが劇的なのに感動します。
    自分の知り合いで「虫に大当たり」した人は初めてなので、貴重な情報です。大当たりのゲンを担いで宝くじを買ってみるのは、どうでしょう。
    | koishi3 | 2017/11/21 11:13 AM |

    蛍さん、お見事です!参りました。
    今回は何も浮かびません。

    おかみさん、小学校の上履きは普通は白くて爪先と横に少しだけ色が付いていますから、全体が青い上履きは珍しいのですよ。
    だから、少し驚きましたし懐かしかったんです。おかみさんのお父さんの思い出と、私の思い出がシンクロした訳ですね。
    | John 1940 | 2017/11/21 4:16 PM |

    いやー大変なことでしたね!よく生もので”あたる”とか”あたった”って聞きますが、女将さん当たったんだ!でも、早めに医者に掛かり胃カメラ検査を受けたのは正解でしたね。

    アニキサスって川の魚にいると聞いてましたが、鱈って海の魚ですよね。
    何はともあれ、大事至らずによかったです。お大事に。

    | takarinn | 2017/11/22 6:56 PM |

    アニサキスは海の魚(タラ、サバ、サンマ、アジ、シャケ、ホッケなど)に寄生しているようです。
    川の魚で見つかったとしたら、それは「アニハカランヤ」ではないでしょうか。
    | 蛍 | 2017/11/22 7:20 PM |

    そうなんですか。何でも知っておられる蛍様の仰せで本当の事を知った次第です。
    いい年して何ともお恥ずかしい!
    ところで「アニハカランヤ」って何?
    | takarinn | 2017/11/23 7:57 PM |

    私はただの検索好きなだけです。
    「アニキサス」は海の魚にもいませんが、汽水域にいる川魚には「アニサキス」がいる可能性がないとはいえません。もし川魚に「アニサキス」が見つかったら、
    「えーっ、豈図らんや、見つかりましたか」となります。
    | 蛍 | 2017/11/24 9:42 AM |

    いや〜にぎわっていますね。
    人の痛みをおかずにして、お茶づけさらさら、みたいな感じ…
    この虫の名は、アニサキスなんでしょう?
    実は、私はついこの間までアニキサスだと思っていました。
    なぜかというと、兄貴と仲が悪いので、兄貴刺す、とおぼえていたんです。わかりやすいや〜とね。でも、違ったようです。
    今、北海道では、大きなタラがとれていて、つい買いたくなるのですが、ふっと手を止めてしまいます。タラは鍋にしてくださいね。
    | 店主 | 2017/11/24 10:30 AM |

    いやあ、おかみさんには悪いですが、タイトルが「当たり!」ですからその苦しみがよく伝わらないんですよ。
    「七転八倒」なら大変だったろうなあと思えますけどねぇ〜。
    「兄貴刺す!」なら、ええっ!とドキッとしたかもです。でも、話が変わるかな?
    しかし、お腹がキレイで良かったですね。やっぱり腹黒くないんだわ。
    | John 1940 | 2017/11/25 4:49 AM |

    場外大賑わいに乗じて、またまた。
    「豈図らんや」なんて漢文の授業じゃあるまいし!と思いつつ、女将さんの「兄貴刺す」的いい加減さで覚えていた身としては、「アニサキス」も「アニキサス」も要するに生魚に寄生する虫で、しかも、海の魚にいるか川の魚にいるか、それすらいい加減な知識しか持っていなかった婆さんであったことを再認識し、「キ」と「サ」の語順侮るべからずと自戒した次第でした。お粗末さまでした。
    | takarinn | 2017/11/26 12:51 PM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243112