SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 夢で逢いましょう | main | 白樺林のドッグラン >>
友人来宿
0

    9月のある日、学生時代の友人、たかりんさんが、わが宿を訪れた。

    2日前に札幌でクラス会があり、名古屋からかけつけた. その帰りに、

    1人でかもめやに行く、といって来てくれた。

    去年、彼女の友人,wakoさんが、「かもめやに1人で行ってよかった」 といったのを

    聞きつけたらしい。

    2人ともブログ「かもめや日記」にときどきコメントを入れてくれるので、

    ご存知の読者もいるだろう。

     

    たかりんさん、wakoさんとも夕張の出身で、

    たかりんさんと私が友達なので、いつのまにかwakoさんとも友達になった。

    たかりんさんは学生時代からクラス1の勉強家。

    私のように、向かいの大学にいって、

    落語研究会をのぞいては笑ってばかりいた遊び人とは違うのである。

    あっ、このブログにコメントを入れてくれる常連さんは、

    落語研究会にいて、命かけて高座に上がっていた人たちだった…

     

     今回のクラス会で、出席した人たちが、短い近況報告したあと、

    トリで、たかりんさんが源氏物語の講義、講演をしてくれた。

    そんなサプライズがあるとは知らず、突然のプレゼントにびっくり。

    テーマは、源氏物語に出てくる「老い」について。

    あの猛暑の中、また忙しい中を、彼女はこの日のために 相当準備をしていたらしい。

    講演はすばらしく、卒業以来ウン十年、家庭を持って子育てをしながら 勉強を続け、

    いまも名古屋の大学で講義をしている。

     

    わが宿で、深夜まで語ったとき、 「あの講義は、ほんとうによかった。

    時間がたりなくて もったいなかった。こういっちゃぁなんだけど、 落語の名人の語り口みたいだったわ」

    といったら、 「それはうれしい感想だわ」といってくれた。

    年を重ねて、人間の、また物語の考察が深みを増し、 いぶし銀のような味わいが残る。

    この日のために、かもめやに、wakoさんから「たかりんさんに食べさせて」 といって、

    ごちそうが届いていた。 この人たちの友情って、すごい。 そのごちそうを、私がパクパク。

    「濡れ手に粟」って、こういうことを言うのだろうか。

     

     たかりんさんはまた、人々への思いが熱く、 「東に病気の子供あれば、行って看病してやり、

    西に疲れた母あれば、行ってその稲の束を背負い」… 宮沢賢治のような人だ。

    クラスの友人に何かあれば、いつもいの一番に助ける。

    だから、彼女が来るといえば、 みんな何をさておいても集まってくる。

    この人の心の熱さは、どこから来ているんだろうと考えたことがある。

    そういえば、お父さんは夕張炭鉱の山を束ねる人だった。トップだ。

    「炭鉱の人は、朝、奥さんが必ず夫を玄関まで見送るのよ。

    これが今生の別れかもしれないから」 そんな話を聞いたことがある。

    この話は、なぜか忘れられない。

    石炭を掘る人は、毎日命がけで坑道に入った… そんなヤマの大勢の鉱夫たちに慕われていたお父さん。

    「父は、男らしい人だった」と彼女。

    このお父さんが病に倒れ、3人姉妹の長女の彼女は、十数年自宅で介護した。

    彼女の人に対する熱さ、物事に対する熱さの背景に

    私が一度も会ったことがない、彼女の父を見る。

     

    そうだ、この熱さは、また、もしかすると、 石炭を燃やした熱さかもしれないな。

    「炭鉱は、石炭だけは豊富だったから、ストーブはどんどんたいて、

    冬はとってもあったかかったのよ」ともいっていた。

    炭鉱出身の人の人生は、なぜか熱い。

    | - | 06:53 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    年来の夢が叶ったかもめや単独泊。生来のおめでたい性格で、半年以上前から遠足の前の日の小学生並みに、この日を待ちわびていました。
    定休日らしかったのに無理を言って女将さん独占の一日。
    手宮公園にも行き、手宮線跡も散策し、そしてかもめやの喫茶スペースでの女将さんとの深夜に及ぶ深い話し。

    18才で出会って老人の域に達しても、日ごろは遠く離れていても心通わせられる話が出来る友を持っていることの幸せを心から感じた北帰行&かもめや泊でした。

    涙が出るほど嬉しかったです。ありがとう。
    | takarinn | 2017/09/17 8:17 PM |

    友情は時を経るほど、熱く、厚くなるのですね。
    | koishi3 | 2017/09/19 11:13 AM |

     心から
     待ち望みしは
     単独泊

     楽しみは
     鴎と遊ぶ
     今宵かな
    | 蛍 | 2017/09/19 6:28 PM |

    今回は、蛍さんに触発されました。

    親友と語りし夢ははるかなり
    今ある生をともに楽しむ

    かもめやの四畳半にて見る夢は
    色気も無くてうなされるなり

    お互いの目尻に残る小じわには
    人には言えぬ苦労もありぬ
     
    霊感で友との絆感じるの
    SNSとか関係無くね
    (これは、おかみさん本人の談です。)

    久し振りに、歌が出来ました。

    | John 1940 | 2017/09/20 7:19 AM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243108