SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 「夏の思い出に、廃線を歩く」 | main | 夢で逢いましょう >>
下町風情
0

    お盆が過ぎて、日暮れが早くなった。

    時折涼しい風が吹き、トンボをみかけたりすると、

    「そうか、もう秋なんだ」と思う。

    「北海道は、お盆を過ぎたら、秋風が吹く」と昔から

    よく言われていた。

    それにしても、宿の方は、毎日まだまだお客さんでぎっしりだ。

    私と息子はへろへろになっている。

    雨の後などで、いつもより涼しいとき、

    本州からのお客さんが、「このストーブ、使えるんですか」

    なんていうので、「そりゃぁ使えますけど、北海道の人だって、

    さすがに8月にはストーブは使いませんよ」といった。

    本州から来て、10℃も低いと、ストーブつけようってことに

    なるのかな。

     

    2か月ぐらい前に、下町の実家に引っ越してきたが、

    自宅で寝たのは数回しかない。たまに家に帰ると、

    民宿に泊まる気分になる。

    かもめやからはだいぶ近くなったが、子供時代を過ごした

    このあたりは、ひっそりとしている。

    昔、町内を仕切っていたおじさん、おばさんたちは、

    すでに亡くなっていて、

    寂しさを慰めてくれるのは、通りに面した家々が、

    軒下に色とりどりの花を植えた植木鉢をを並べていることだ、。

    坂の上に住んでいたときは、庭のある家が多く、

    植木屋さんがよく手入れをしているのを見かけたが、

    町なかでは、そんな場所もなく、

    それでも人々は狭い場所に上手に草花を植えている。

    母は毎年ベランダに朝顔の大きな花を咲かせ、

    80過ぎたある年、「この花をいつまで見られるのかなぁ」

    としみじみ言ったことがある。

    そんな母は、翌年施設に入り、すぐに何もできなくなってしまった。

    朝顔を見ると、いつもこのことを思い出す。

     

    かもめやも、今年で開業10年を迎えた。

    全国からたくさんのお客さんが来てくれ、

    親戚みたいになった人もいる。

     

    私はこの仕事を通して、少しは成長しただろうか。

    自分としては、これといった成長は自覚できないが、

    店先を少しでも明るくしようと、それまでやったこともない

    ガーデニングをするようになった。

    少しずつ草花の性質を覚え、試行錯誤の末、

    丈夫な花をなんとかきれいに咲かせることが

    できるようになった。

    自分の中では、これが一番の成果かもしれない。

    そして、犬まで飼って…

    動物、植物、生き物の世話は、これでいいということがない。

    そして、自分の成長もまた、これでいいということがない。

     

    話は変わるが、世阿弥の言葉に「時分の花」、「まことの花」

    というのがある。

    「時分の花」は、若いときの美しさは一過性もの。

    修業を積んでいくうちに、中味のある本当に美しい「まことの花」が咲く。

    老木も、葉が落ちて枯れていっても、小さな花が残るというものだ。

    さぁて、「どっこいしょ」、まことの花を咲かせるために、

    今日も重い腰をあげることにしよう。

     

    かもめや近所の朝顔

    軒先園芸が心をなごませてくれる

     

    下町の古い建物を生かした店

     かもめやもささやかに花を咲かせている。なみだぐましい努力

     

    | - | 09:27 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    コピペもいいけど、18行の重複にはびっくり。
    稲穂町のTKさんの場合は軒先ではなく車道園芸ですね。これにもびっくり。元は私有地で道路拡幅でTKさんが売却した土地?
    市も黙認の車道園芸?
    | 蛍 | 2017/08/18 8:23 PM |

    おかみさん、大分疲れてはりますなぁ〜。
    同じ文章が2回出て来てますよ。
    蛍さんに指摘される前に、お知らせします。

    こちらは、まだまだ暑いのです。
    また、10月にお世話になりますが、私はかもめやの親戚かな?従業員かな?
    | John 1940 | 2017/08/18 8:24 PM |

    Johnさんの勘は鋭い。タッチの差かもしれません。
    TKさん前の写真には撮影者の影が写っているようですが、
    半袖、右手片手での撮影?帽子を被っている?
    | 蛍 | 2017/08/18 8:41 PM |

    いやはや、とんだことで…。数日前、せっかく書いたブログが、
    またしても飛んでしまって、白紙になった。残り少ない気力を
    ふりしぼってまた書いたが、またしてもドロン。3回ぐらい
    繰り返して、やけになっていたが、思い直してワードで書いて
    コピーしようと思った。これもなかなかうまくできず、忙しくて
    疲れ切っている息子に頼んだら、彼もスムーズにできず。
    「何かダブってるよ、直したら?」といっていた。
    見直したつもりが、直っていなかった。
    それにしても、常連さんの指摘には脱帽。蛍氏の探偵のような
    観察には驚く。うちに来る落語研究会の後輩の警察官を指導してあげて。
    | 店主 | 2017/08/19 6:08 AM |

    重複文を読めなかった、遅い読者で〜す。
    本文のフォントが通常のものではない、と気付きましたが、
    コメントをクリックして経緯を理解しました。
    朝顔は私も大好きな花です。
    新しいご近所には、お花がいっぱいなんですね。
    開業10周年、おめでとうございます。
    takarinnがもうじきお訪ねするとのこと、よろしくお伝えください。
    | Wako | 2017/08/19 9:15 AM |

    小樽の日の光はすでに初秋の色ですね。
    朝顔が秋の季語だってこないだTVで知ったばかりだけど、この朝顔すだれでなるほどと納得。
    私の先輩という御年にもかかわらず、「自分の成長」「まことの花」を求める姿に乾杯!
    | koishi3 | 2017/08/20 10:59 AM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243106