SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< ヤドカリの引っ越し | main |
マルコの里帰り
0

     わが家に、近郊の牧場で生まれたビーグル犬が来てから9か月になる。

    この犬と人間が共生するのには、凄まじい戦いがあった。

    今もそれが続いている。

    人間の赤ん坊を育てるのは、もっと大変だが、

    動物には人間と違う習性があり、飼い主の言うことがわかるのか

    わからないのかがわからないので、

    こちらは、少しはわかるのだ、という想定のもとで

    しつけをすることになる。

     

    ビーグル犬は、それほど大きくない体に、ものすごいパワーを

    秘めている。

    1日のパワーを使い切らないことには納得せず

    暴れるので、犬のパワーを出し切るまで運動させることが必要だ。

    おかげで、息子は1日4〜5km散歩させることになり、

    彼自身もかなり丈夫になった。

    スポーツジムなどに行くより、ずっと効果がある。

     

    このマルコが1歳になったので、生まれ故郷の牧場に連れて行って、

    両親と、お世話になったスタッフに会わせようと思った。

    ある晴れた日の午後、牧場を訪れた。

     

     実は、父親らしき犬は見ていたが、母犬には会ったことがない。

    マルコを連れてくるとき、名残惜しそうに世話をしてくれた

    牧場の場長さんに、ぜひとも会わせたいと思っていた。

    丸太のレストランの入り口で、いつもソーセージを焼いている

    物静かな男の人がいる。

    その人がいるはずと思っていると、なんとそこには、

    若いアメリカ人の男性が、慣れない手つきでソーセージを焼いていた。

    私は、場長さんの名前を言って「その人いますか?」というと、

    わからない様子。

    息子が英語で聞くと、自分は、ここへ来てから1週間しかたっていなくて

    その場長は、洞爺湖のほうへ異動になったらしいというのである。

    そして、事務所のスタッフは、すべてアメリカ人になっていた。

    この牧場は、アメリカのアリゾナの牧場と親しい関係にあると聞いていた。

    「え〜っ、あんなにかわいがってくれた場長さん、いないの?」

    と、がっかり。

     

    そこに、黒と茶の年上のビーグル犬が放し飼いになっていて、

    お客さんが食べているソフトクリームをねだっていた。

    「あの犬、名前はマルっていうんだ」とアメリカ人のスタッフ。

    こちらはマルコを連れていって、

    「この犬は、ここで生まれたんですよ」

    というと、びっくりした様子。

    「名前は?」と聞かれ、「マルコっていうの」

    というと、アメリカ人は「えーっ、グウゼン?」という。

    私たちは、たどたどしい日本語を話すアメリカ人の口から「グウゼン」

    という言葉が出てきたことに驚いた。

     

    「マルコは、1年前に生まれたんだけど、お母さんを

    見たことがないの。ここにメスのビーグルはいますか?」

    と聞くと、「いないねぇ、そういえば、去年の秋に、メスの

    犬が死んだと聞いたよ」と、アメリカ人はいう。

    そして、いつも外につながれていた父親もいなかった。

    マルコが生まれたときにいた両親も、牧場の場長さんや

    日本人スタッフはだれもいなくなっていた。

     

    マルコが生まれたときに入っていたわらを敷かれた柵の中に

    たくさんの小さなウサギがいて、

    その中に、1匹の4〜5歳のビーグル犬がいた。

    マルコを柵越しに近づけたが、どちらもあまり

    うれしそうでもない。

    この犬も、マルコの何代か前の兄弟かもしれないのに。

    それにしても、ビーグル犬は、ウサギ狩りをする犬だと聞いたのに、

    獲物がたくさんいる柵の中に犬を入れておくのも

    どうなんだろうと思う。

     

    マルコはわが家に来てからというもの、

    息子といつも一緒にいるので、

    ちょっとでも彼がいないと、クンクン、ワンワンいって大変だ。

    この飼い主とは、親兄弟以上の関係だ。

     

    故郷に帰ってみたら、父も母もいなかった。

    いたのは、親戚か、何代か前の兄弟が2頭。

    「あんまり親しみを感じないなぁ」これは、マルコの感想だ。

    ちょっと寂しく「かわいそうだなぁ」と飼い主の私たち。

     

    そこで思ったことは、人間も、生みの親より、育ての親の方が

    何倍も大切な存在だということだ。

    共に暮らす、あるいは育てることにこそ意義がある。

     

    別の言い方では、遠い親戚より、近い他人。

    マルコからすると、「遠い親戚犬より、近い飼い主」ということか。

    「マルコ、おまえに実家はないのだよ」…

     

    かわいい馬がお出迎え

    親戚の年上ビーグルにマルコが話しかけても、そっけない様子

    ウサギの柵にいる兄弟らしきビーグル

     

    おとなしいアルパカ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 08:14 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
    世の中は移ろいやすく、「時」は無常に流れていく…。
    同じ世界(空間)に生きているのだから時の流れには人も犬も同じようにあがなえない。
    マルコも里帰りして、感じるところがあったのでは…。
    近郊にこういう牧場があるのは羨ましいですね。
    | koishi3 | 2017/07/01 5:12 PM |

    何だか、切ない話ですねぇ〜。

    犬ネコの1年は、人間の4~5年に相当するということですが、1年振りに里に帰れば知ってる人も犬も誰も居なかった!

    これは、浦島太郎か?浦島マルコか?
    何だか、可哀想ですね。
    でも、かもめやがありますからね。
    間もなく、またマルコに吠えられる為にかもめやに行きますので、ヨロシク!
    | John 1940 | 2017/07/04 10:21 PM |

    ホピの丘ですよね。
    事務所のスタッフがすべてアメリカ人というのは信じられません。
    場長さんもアメリカ人ですか?
    続報を待っています。
    | 蛍 | 2017/07/06 12:04 AM |

    蛍さんの疑問って、おもしろいなぁ。
    私の書くものって、すべて感覚的で、ある意味正確さに欠ける
    んです。事務所には日本人はいなかったってことで…
    場長さんはどうなんでしょうねぇ、日本人なんじゃないですか。
    ここの牧場の組織がどうなっているのか、なんてことは
    わかりません。でも、日本人でも外人でも、動物が好きな人に
    運営してもらいたいですね。
    | 店主 | 2017/07/09 6:41 AM |

    続報ありがとうございました。
    今後とも「ある意味正確さ」に欠け、ツッコミたくなる日記を待っています。
    | 蛍 | 2017/07/09 10:44 AM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243104