SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 古道具、断捨離 | main | ヤドカリの引っ越し >>
季節は移ろい、人は古びる
0

    季節の変わり目、北国の気温変化に体を慣らすのに難渋しているうちに、

    ゴールデンウイークを迎えた。

    体の変化。

    たとえていえば、血液が冬仕様でゆっくり流れているのが、

    春になって、本来流れがはやまらなければいけないのに、

    なかなかギア・チェンジができない、といったことだ。

    毎日ぐったりとしたまま時間が過ぎて行った。

     

    血液の流れの速さは自分の意志で変えることができず、

    思うように動かない中古の体をゆっくり動かしていた。

    このもどかしさを何とかしたいと思い、

    近くで自然治癒を進めてくれそうな場所を探した。

     

    かもめやから高島方面に向かう海岸沿いに

    ホームセンターがある。

    広い駐車場のはずれに、海に面した場所があり、

    ある晴れた日の午後、そこのベンチに座ってみた。

    小樽湾に向かうその場所は、見慣れた港を

    違う角度から見ることになるのだが、

    なかなか新鮮で美しい。

     

    目の前に、昔ここから石炭を積み込んだと思われる

    高架桟橋の後らしきものが残っている。

    古びたコンクリートの足台のようなものが2つ。

    ひたひたと打ち寄せる海水に洗われたその台に

    活気あふれた小樽の昔日の姿がしばれる。

    まだ雪が残る向かいの山並みも美しい。

    すがすがしい海の空気を吸い込んでいるうちに、

    少し体が楽になった気がした。

     

    連休が始まっても、なかなかお天気がすっきりしない。

    毎年富山から来てくれる馬好きの女性が、はやばやと来てくれた。

    共和町というところに、引退した競走馬を持っている彼女は、

    たくさんの人と共有しているという自分の馬に、

    今年も会いに行った。

    地元富山では、乗馬もしているという彼女、

    自宅では盲導犬も飼っているという。

    わがやの暴れん坊マルコの愚痴を言っていたら、

    彼女が、「こうすればいいのよ」と犬のしつけをおしえてくれた。

    目の前で騒いでいたマルコが、彼女の話を耳にしているうちに、

    だんだん静かになり、いつもは入らない小屋に、すごすごと入って行った。

    これには驚いた。

    馬と犬を制している人には、いうことを聞かない犬も、

    一瞬にしておとなしくなるんだ。

     

    宿泊のお客さんが眠っている早朝、ふと裏の手宮線跡に行ってみると、

    なんと桜が咲いていた。

    わが宿の裏の桜が咲いているのを知らずに

    うつうつとしている自分に、

    人間の狭さを知る。

     

     

     

     

    | - | 07:37 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    【天狗山スキー場だぁ】
    暫くブログの更新が途絶えてたから気になってました。文章のキレ具合を見ると心配なさそうですね。
    写真の3枚目は「天狗山」と「天狗山スキー場」ですね、懐かしいなあ。小樽は坂の街なのでどこでもスキーが出来ますが、ちょっと本格的に滑りたくなったらこの「天狗山」まで行きます。市内バスで15分、20円から30円。関東の人には信じられないくらい近くて手軽です。
    小樽の港は北側に開いているのではなく、東側に開いています。なので港の写真は北から南を写しています(トリビア!)
    そうそう道央の桜はGWの咲くのです。天気が外れてもいいように防寒具を着込んでの花見です。落研の花見は、しこたま飲んだ後、大通り公園まで戻ってきて噴水に飛びこむか、突き落とされるかのバツゲームが常でしたね。
    | koishi3 | 2017/05/02 7:46 PM |

    こいしさん、お元気になられたようで、よかったですね。
    小樽出身のこいしさんには、山を見ただけで、すぐに天狗山と
    わかるんですね。昔小樽に住んでいた人のためにも、
    これから、何気ない小樽の風景を発信しようと思います。
    今日は、落語研究会のコデラ夫妻が手伝いにきてくれるんですよ。
    | 店主 | 2017/05/03 7:58 AM |

    小樽天狗山は、標高532.4m。山頂からの夜景は「北海道三大夜景」のひとつ。夜景バスが出ています。
    2017年における天狗山へのアクセスは路線バス利用なら、JR小樽駅から約17分(1時間に2〜3本)、料金は片道大人220円こども110円です。
    なお、札幌の大通公園では桜が満開です。
    | 蛍 | 2017/05/03 9:02 AM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243102