SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 雪あかりの路始まる | main | 古道具、断捨離 >>
光の春
0

    2月も終わり。

    かもめやの前には、まだ大きな雪山が2つあり、

    ラクダのこぶみたいだ。

    この山が消えるまでには、まだしばらく時間がかかる。

    北海道の長い、長〜い冬の終わり。

    それでも、朝いつものように、寒さに身を縮めながら

    外を見ると、向かいの倉の後ろに運河方面から

    朝日が昇って、空を薄赤く染めている。

    ふっと肩の緊張がゆるむ。

    ロシアでは、2月を「光の春」というらしいが、

    これがきっとそうなんだな。

    せめて光だけでも春の気配を感じたいという

    極寒の地方の人の切なる思いが、この言葉には込められている。

     

    スポーツの冬季アジア大会が北海道で開かれていたが、

    これも幕を閉じた。

    この間、いつにも増して、アジアの人々が訪れていたようだ。

    運河付近には、タイかマレーシアか、中国とはちょっと違う顔の

    人々が行き交っていた。

     

    そんなある日、「こんにちわ〜」と元気な声が聞こえ、

    若い男性がかもめやの玄関をのぞいた。

    「あら、うどんくんじゃない」

    そう、落語研究会のOBで香川県出身、警察官の「手打ち家うどん」君だ。

    「仕事で小樽に来ているんですけど…」

    椅子に腰かけるなり、マルコが彼の外套の袖のあたりに

    じゃれついて、甘噛みしている。

    「マルコ、やめなさい!」と私がしかると、

    「いえ、いいんですよ、こんなの全然大丈夫。

    うちの実家は獣医なんですよ。だから、犬やネコはいつも

    周りにいたんです」

    「え〜っ、あなたの家、獣医さんなの? うどん屋さんじゃなかったの?」

    と思わず叫ぶ私。

    そういえば、彼の実家の職業なんて、一度も聞いたことなかった。

    私が勝手に芸名のうどん屋だと、思い込んでいただけだ。

     

    「この犬、貸してください。散歩に連れて行きますから」と彼。

    「あら、仕事中に犬の散歩なんかしていいの?」と聞くと、

    「犬を連れていると、警察官だと思われないでしょう」

    なぁるほど、服も私服だし。身分を隠して、それとなくパトロールしたり、

    不審な人物をチェックしたりするんだ。

    外国人もたくさん入国してるしね。

    「いいわよ。でも、この犬、ものすごく引っ張るし、

    うんちもおしっこもするけど、その始末はできる?」

    「大丈夫です。うちでも犬を飼っていて、散歩させてましたから」

    そんな彼を頼もしく思い、犬の散歩セット、トイレの始末をする

    グッズがはいっている小さなバッグを渡した。

    「ああ、でも、これは内緒だけど、運河のふちでウンコをしたときは、

    シャベルですくって運河に捨てる時もあるの。

    そうすると、すぐに魚が食べるのよ。

    これ、究極のリサイクルだと思わない?」

    「う〜ん、なるほど。わかりました」

    「あぁ、だけど、警察官、犬のウンコを運河に捨てていた、と

    新聞に書かれるとマズイかもね」と私。

    彼は笑って「チクらないでくださいよ」といいながら、

    マルコを連れてでかけた。

    ウンコの始末を、こまめにまじめにやっていると、

    運がつくかも。

     

    別の日、私はマルコを散歩させていた。

    いつものように運河のふちの雪の上でウンコをしたから、

    雪ごとすくって、ぽ〜んと運河に放ったら、

    目の前にす〜っと運河クルーズの船が現れた。

    なんと船上の客が、一斉にこちらを見ている。

    いや〜マズイ。

    これはウンが悪かった。

     

    かもめや近くの倉庫

    春は名のみの…宿の裏、手宮線跡に積もる雪


    食料のウンが落ちてくるのを魚が待つ運河

     

     

     

     

     

    | - | 16:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    「光の春」ほんとにいい言葉です。春待つ気分をよーく表しているなあ・・・
    陽の光に誘われて、年を一つ重ねた日々を元気に暮らそう思っています。9月の再会を楽しみにしながら・・・
    | takarinn | 2017/03/02 11:02 AM |

    雪の小樽の写真をブラジルで見ています。
    定年海外旅行で娘とペルーのマチュピチュに
    行き、明日はイグアスの滝です。
    夕方に着きましたが、お昼は40度近くあったそうです。
    | junko | 2017/03/03 11:01 AM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243100