SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 湯たんぽの効用 | main | 光の春 >>
雪あかりの路始まる
0

    札幌では雪まつりが始まり、小樽では夜のイベント、

    「雪あかりの路」が開催されている。

    わが宿も、それなりに忙しく、町中や運河がどうなっているのか

    わからない。このところ少しあたたかく、雪が解けかかっている。

    この地に住む者は、少しでも気温が高いと喜ぶのだが、

    雪を見に来ている人には、解けかかって汚れた雪など、

    なんの魅力もないだろう。

     

    そうこうしているうちに、また少し冷え、さっと雪が積もった。

    昼間、犬を連れてにぎやかな運河や、町なかを歩いてみると、

    なんと外国人ばっかりだ。

    おもに中国や韓国、台湾、シンガポールといったところだが、

    うちに来た日本人のお客さんが、

    「小樽は、7割が外国人ですね」といった。

     

    マルコはぐんぐん引っ張り、外国人のところへ駆けよっていく。

    喜ぶ人、逃げる人、さまざまだ。

    毛皮のえり巻を持った人のえり巻に飛びついていくので、

    それを押さえるのに苦労する。

     

    夜になって、息子が珍しく「写真とってくるよ」といって

    運河方面にでかけた。

    ずいぶん人が出ていて、雪のオブジェに明かりがともり

    なかなかよかった、という。

     

    2日ほど前、昔の三井銀行だった格調高い石造りの建物を

    夕方から夜に開放しているというので、行ってみた。

    久しぶりに足を踏み入れると、

    大理石の長いJの字型のカウンターに、アクセサリーや

    ガラス製品など、アートな作品が並び、売られていた。

    作品も洗練されていて、とってもおしゃれだが、

    何より、その銀行の内部の品位ある造りに

    感動した。

    昭和2年に建てられたという。昔の小樽の町力とでもいおうか。

    いま、日本中をさがしても、こんなシックな建物は

    そうないのではないか。

    わが小樽に、あらためて敬意を表したひと時だった。

     

     

     

     

    ちょっと気持ち悪いピコ太郎。よく見ると、パイナップルと

    アップルとペンが置いてある

    旧三井銀行入口。中はシックですてきだ

     

    | - | 15:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    小樽に行きたいなーと思いながらなかなか行けずにいる私、かもめやのブログを訪ねては写真や文章で想像の旅をしています。実際には駆け足も含めて3回行ってるのですが、、もう何度も行ってるような気分になります。
    私が行った時も(一昨年)外国人がたくさんいました。今朝のテレビでも小樽のあさりという無人駅が中国人であふれていると伝えてました。映画の舞台になったとか。外国人であれ観光客は歓迎すべきと思いますが、マナーが悪かったり、非常識な行いはいただけませんね。
    | 野羅 | 2017/02/14 12:22 PM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243099