SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 雪の日の散歩、顕誠塔まで | main |  カフェ「うぐいす」で、新年のランチ >>
坂は氷のすべり台
0

     

     年の瀬もいよいよ押し迫り、極寒の海に

    カモの姿が見られるようになった。

    運河べりにも雪が降り積もり、わずかに人ひとり通れるくらい

    の道がつけられている。

    しんしんと冷え込み、外を歩くのもつらいのだが、

    犬がいるからしかたがなく、運河を散歩する。

    ところどころに凍った雪が浮かんでいる鏡のような水面に、

    黒い子ガモが何羽もすいすい泳いでいる。

    冬になると、どこからかやってくるのだろう。

    寒い地を目指して飛んでくる。

    寒さをなんとか避けようとしている北国の住人には、

    わざわざ寒いところを探してやってくる生き物がいるなんて、

    考えられない。

    しかし、寒いところが快適と感じる動物もいるのだ。

    人間は、いったいどっちなのだろう。

    北国の住人は、寒いところが好きなんじゃなくて、

    そこに住むのが運命だ、と思って、なかばあきらめて

    暮らしているに違いない。

     

     年末に、記念すべきお客さんが来た。

    美瑛で知る人ぞ知る「四季の風」という蕎麦屋さんをやっている

    年輩のご夫婦だ。

    宿を始めたばかりの頃、一度来てくれたことがある。

    年の頃は70前後のおふたり。

    ご主人は昔、交通事故に遭って足を怪我されたということで、

    杖が必要で、歩くのがなかなか困難なのだが、

    見渡す限りの畑の中に、木造の建物を自力で建てたという。

    そして、そば打ちを習って、手打ちそばを出している。

    この店が、美瑛では大人気。

    一度行ったことがあるが、窓の外の丘陵には一面の畑が広がり

    その眺めはすばらしい。

    歯ごたえのある滋味豊かなそばを食べながら、

    雄大な景色を眺める気分は最高だ。

     

    このご夫婦は、前向きで、ものすごく元気。

    ご主人は「最近、町会議員もやっているんですよ」という。

    町の古い体質を改革して、町民がほんとうに納得する町にしたいと、

    孤軍奮闘しているという。

     

    小樽の町のあちこちの写真を見て、地獄坂の教会を見てみたい

    というので、お客さんの車に同乗した。

    私が教会の裏手に住んでいるというと、

    行ってみるという。

    その日はしばれがきびしく、家の前の坂はつるつるに凍り、

    氷のすべり台みたいになっていた。

    家の住人でさえこの坂を上るのは危険なのだが、

    なんと、このご主人は、杖をつきながら、なんとか工夫し、夏の靴で

    坂を上った。

    下るときは、もっと危険だ。しかも、足が不自由で、

    「転んだら、自分の足にとってはかなり危ないから、絶対に転べないんだ」という。

    え〜っ、どうしてこんなところまで来ちゃったの。

    どうやって降りるのか。

    しばし茫然としていると、なんと彼は凍り付いた坂に

    お尻をつけて、毛糸の帽子を片手にてぶくろみたいに巻き、

    片手に杖を握って、すべり台をすべるようにお尻で下っていった。

    下には、奥さんがニコニコ笑って見ている。

    奥さんの待っているところまですべっていき、彼は平然と立ち上がる。

    小さなアドベンチャーをおもしろがっているようだ。

     

    「窮すれば通ず」。

    この人、いや、このご夫婦は、これまで生き抜くのに、

    何度こんな知恵をしぼってきたのだろう。

    長年雪国に暮らしてしている私は、

    こうやってお尻で坂を下った大人を見たことがない。

    あまりのたくましさに、言葉が出なかった。

    二人は、昔、山登りをしていたという。

    ご主人が足を怪我する前のことだ。

    登山家の不撓不屈の精神が、その後の困難な歩みをも

    支えたのだろう。

     

    人生を進むのに、決まった歩き方はないのだ。

    立って歩けない道は、這ってもよし、転がってもよい。

    どんな方法でもいいから、前進することを楽しめばよいのだ。

     

    かもめや10年目にして、すばらしいお客さんから深い知恵を学んだ。

     

    運河の中に、ゴマみたいな黒いものが見える。それがカモだ

    今年も石倉のプレスカフェに、つららが下がる

    冷え冷えとした朝の北運河。向かいの丘、手宮公園に朝日が

    当たる

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    お久し振りです。
    年が明けましたね。

    このところ、犬の話ばかりなので出番が全くありませんでした。
    実は、私はネコ派でしてお犬様はどんなに可愛い小さな犬でも苦手なのですよ。

    ですから、まもなく1月10日からかもめやさんに行く予定ですが、不安なのですよ。さあ、どうなることか?

    美瑛のお蕎麦屋さんには、例の宿の人たちと行ったことがありましたよ。
    ご主人が、町会議員として孤軍奮闘しておられる様子を議会だよりで読みました。

    小樽の市議会もいろいろありますが、どこも大変ですよね。私は、昨年の台風以降のJRが心配ですね。なにせ大切な移動手段なのですからね。
    | John 1940 | 2017/01/01 4:19 PM |

    小樽港の鴨は「寒い地を目指して飛んでくる」のではなく、厳寒のシベリアやカムチャッカ半島から、餌を求めて飛んで来ているのだと思いますよ。「温かい小樽」を目指して飛んで来ているのです。

    | 蛍 | 2017/01/07 12:53 AM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243096