SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 命知らずのお客 | main | 故人に食べさせたい、とうきび >>
こりない面々
0

    しばらく晴れの日があったと思ったら、また大雨に見舞われた。

    梅雨がないはずの北海道も、近年は梅雨模様の時期がある。

     

    この7月で、かもめやは開宿10年目に入る。

    店のわきの小さな花畑に開業当時植えたアジサイが

    大きなピンクの薬玉のような花をつけた。

    この10年、草の生い茂った山道をあてもなく歩き続けるような

    宿屋稼業だったが、

    町の人にも「北運河の近くに、小さな宿屋があるよ」

    ぐらいには知られるようになった。

    開業当時はめちゃくちゃ働いた私も年を取り、

    今では「古い奴だとお思いでしょうが、ホントに古いんです」

    なぁんていって、年代ものの置物のように店にいる。

     

    ある雨の激しく降る日、北海道の知床方面を回ってきたという

    老年ライダーが、びしょぬれになってバイクで到着した。

    上着もズボンも靴も荷物もぐっしょりぬれている。

    上着を椅子にかけると、しずくがたれて、床にたまった。

    ぬれた衣服をとりかえるだけで一仕事だ。

     

    すると、すぐにまた2人の熟年ライダーがバイクでやってきて、

    「寒い、寒い、こごえそうだ」という。

    この人たちも上から下までびしょぬれだった。

    やっとのことで着替えをしたら、「寒いからストーブをつけて」という。

    その日は24℃ぐらいはあったと思うのだが、

    この真夏にストーブとは。

    冷えた体を温め、ぬれた衣類を洗濯していた。

     

    翌朝帰るとき、靴も上着もヘルメットも、まだまだぬれている。

    「うわ〜っ、きもちわるい」といいながら、

    3人は、それでも装備を整えた。

     

    こんなことまでして、まだ危ないバイクに乗りたいのだろうか。

    この年代の男たちの気持ちがわからない。

    「さすがにこりたでしょう?」と私が言うと、

    3人のライダーは口をそろえて、

    「いや〜そんなことないよ、絶対に。だって、北海道はいいもんなぁ」という。

    そうか、それほどまでに北海道はいいのか。

    ならば許してあげる。

    残り少ない命? をかけても、北海道にひかれる。

    北海道の魅力をあらためて知った思いがした。

     

    一番年上とおぼしき男性は「お父さん、ぜったいにやめなさい

    と娘にいわれたんだけど、

    振り切ってきたんだよ。こんな旅は、今年が最後かな」という。

     

    残り少ない命、男は何に賭けるのかといえば、

    危険に賭けるのかもしれない。

    女は? そうねぇ、すわっていてもできるし、肺活量も増える

    おしゃべりかな。

     

    園芸下手の私でも、こんなに咲かせられました

    | - | 17:06 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    そうなんだ、開宿10年目。
    10年ってあっという間のようで、でも結構山あり谷ありの日々でもありましたよね。
    そして、これからの10年は想像できないなあ・・・

    よく咲いている紫陽花のと共に「かもめや」の玄関横のモザイク風タイルを、若者たちが夜なべして作り上げていたことを書いた記事を懐かしく思い出しています。(2007・8・19の記事にはモザイクの壁面看板とあり) 
    | takarinn | 2016/07/28 10:04 PM |

    バイクのツーリングに雨具は必携だと思いますが、多分雨具を着ずに雨中の北海道をぶっ飛ばしたかったのでしょうね。その若さがうらやましい。
    | 蛍 | 2016/07/29 11:02 AM |

    10年目とのこと、何事も継続することが大事。
    継続したことだけでも立派。そしてこんなに人気のお宿となったことは特筆に値します。
    変らぬところ、変わったところ、どれも大切ですね。
    楽しみに出掛けます。
    | Wako | 2016/07/31 11:57 PM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243063