SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

かもめや日記

北海道小樽市にある小さな宿「おたる北運河かもめや」のブログです
おたる北運河かもめやのホームページは http://kamomeya.main.jp
<< 雪の日の助っ人 | main | 関西のお客さんの漫才ライブが聞ける宿 >>
人生は、ワンツーパンチ
0
     雪が降ること、寒いことなど、言ってもしかたない
    愚痴を言っていたら、ブログのコメンテーター 蛍氏から
    こんな替え歌が投稿された。

    雪解けは、まだまだ来ない
    だから雪かき するんだね
    1日1回 3日で3回
    3回かいたら また雪だ
    人生は ワンツーパンチ
    汗かき べそかき 雪かこう
    あなたがかいた その汗で
    冷たい雪も 解けるでしょう

    ご存じ、水前寺清子の「三百六十五歩のマーチ」だ。
    いや〜、これには笑わされた。
    彼の人生の最大のヒット!
    な〜んていったら怒られるか。

    寒い、しんどい、辛い…と、半分泣きながら毎日雪かき
    しているのだが、(実は、ほとんど息子がやっているのだけど)
    あったかいところで、こたつに入ってぬくぬくとしながら、
    テレビの画面でも見るように「かわいそうに、また雪かきして…」
    なんて思ている人からみると、ちょっと興味深い光景なのかもしれない。
    まぁ、そんな視点から作った替え歌であっても許してあげるとして、
    確かにこの歌は面白い。おかしい。
    傑作だ。
    これは、雪に悩まされる北海道民のあいだで流行しそうだ。

     今朝は相当気温が下がっているらしく、ふとんをかぶって寝ていても寒い。
    年を取ると、いろんな感覚は鈍るが、体感温度はさえてくる。
    朝起きて天気予報を見ると、「ほらね、やっぱり今朝は
    −7℃だ」ということになる。

    それでも、雪は降らず、珍しく空が青く、すっきりと晴れ渡っていた。
    しばらく運河を歩くこともできなかったが、
    「たまに歩こう」と息子と一緒に北運河を歩くことにした。
    運河べりの石畳は雪に覆われ、人が一人やっと通れるくらい
    道が狭くなっていたが、冷えびえとした景色は美しい。
    ところどころ水面に氷がはっている。
    船乗りが、運河につながれた船の屋根に積もった雪を下ろして、水中に捨てている。

    運河のはずれから岸壁に出ると、秋の終わりまでいた釣り人は
    一人もいなくて、かもめがたくさん水に浮いている。
    海はあくまでも青く澄んで、空気がきれいだ。
    この空気は、お金を出して買うミネラルウォーターの
    何十倍もおいしくて、体にいい。
    お腹に悪い空気をため込んでいる都会の人に、
    ぜひ味わわせてあげたい。

    2月5日(金)~14日(日)  小樽の冬の一大イベント「雪あかりの路」
    が開かれる。
    夜の運河や鉄道線路跡に雪のオブジェが作られ、その中に
    ろうそくがともされる。
    雪を透かして見えるオレンジ色のろうそくの明かりが、なんともいえず
    ロマンチックで、冬のイベントでは日本一と言いたい。

    この期間、わが宿はすでにほぼ満室になっている。
    キャンセルがあれば宿泊できるが…
    この期間でなくても、冬の北運河から港へ出る道を
    歩いてみては。




    運河のはずれから岸壁に出る

    倉庫にできた巨大なつらら


     
    | - | 14:53 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    嗚呼、雪の運河を歩きたいですね。



    違和感

    やっと、1月に慣れたら
    2月になっていた。

    2月に慣れたと思っていたら
    12月になっていた。

    そうして、
    60年以上過ぎて
    私は
    人間になれない。



    小樽の雪と美瑛の雪は
    重さが違う。

    べちゃべちゃと
    さらさら

    べちゃさらと
    雪はおしゃべり

    雪は邪魔くさい



    雪かきのしんどさ退けて移住せよと
    煽る動画の軽さうとまし



    そういう、小樽市制作の動画を見ましたよ。感動しましたけどね。
    | John 1940 | 2016/02/02 4:03 AM |

    「全国移住ナビ」というサイトがある。
    地方創世政策のひとつのようである。
    担当部局は総務省地域力創造グループ地域政策課
    https://www.iju-navi.soumu.go.jp/ijunavi/

    小樽市も映像を作製し、公開した。
    「小樽暮らし 〜ボクらの移住物語〜」
    https://www.youtube.com/watch?v=vtLTP8e7BvU
    小樽市の人口は減り続けている。
    まず人口流出を防がなくっちゃ。
    | 蛍 | 2016/02/04 7:55 PM |










    http://blog.kamomeya.main.jp/trackback/1243052